ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2017年06月

限定
500台




以前、記事に書いたホンダ・モンキーの最終モデルの発売が決まったらしい。


ホンダ公式サイトには次の掲示があった。

「モンキー」受注状況について
「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は生産台数を大幅に上回るご注文をいただいたため、Honda二輪車正規取扱店からの新規のご注文を停止させていただきました。ご購入を検討されていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫びを申し上げます。
また、2017年6月22日発表の「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」につきましては、台数限定500台、オーダー受付期間2017年7月21日(金)~8月21日(月)とし、限定数を上回るお申し込みがあった場合、抽選販売とさせていただきます。受付開始までしばらくお待ちください。


最終モデルならずとも、現行のアニバーサリーとくまモンバージョンすら、今から購入するのは難しそうだ。
先日のWR250Rもそうだが、一時代を作ったマシンだけに、無くなるとなると欲しくなるのが人情だろう。





ここまで人気が出ると、FE(ファイナルエディション)商法と馬鹿にはできない。
そのままでは売り上げが見込めない型落ち寸前の車種にFEバッジをつけて在庫処分するのとは訳が違う。

特にモンキーは、以前から興味はあったが購入までには至らなかった潜在需要がかなりあったのだろう。
私も駐輪場と資金さえめどが立つなら1台欲しいと思っているし、実際に購入を検討したこともある。

モンキーが無くなるのは、厳しくなる排ガス規制に対応できなくなったからだが、もっと前から終了をアナウンスして、より多くのファンの手に渡るようにはできなかったのだろうか。
その点はちょっと残念だ。


乗り放題



NEXCO東日本とNEXCO中日本は、高速道路初となる二輪車限定の乗り放題企画「首都圏ツーリングプラン」を7月14日から発売する。

前にも記事にした、首都圏ツーリングプランが、ついに発売されることになった。


「関越道・上信越道・東北道コース」「東北道・常磐道コース」「東関東道・館山道コース」「東名・中央道コース」の4コースを用意する。価格は各2500円で、ETC車載器搭載の自動二輪車なら、各コース対象エリア内のインターチェンジが2日間、乗り降り自由となる。

あらかじめ、専用サイトでコースと利用日、ETCカードなどを登録し、申し込むと、割引が適用される。
申し込み受付開始は7月3日10時から。

東京を起点に4つのコースが設定されていて、対象エリア内なら何度でも乗り降り自由となる。
エリア外から乗った場合は対象エリアまでの料金が別途必要となるので注意が必要だ。
また、申込時のETCカードを使わなければ割引が適用されない。

東京を中心に周辺地域をほぼ網羅する設定になっており、2日間2500円で高速道路を乗り降りできるメリットは大きい。
軽井沢、富士山、大洗、アクアラインなどの有名ツーリングスポットが含まれているのも、よく研究されてると思った。

今回は首都圏だけなので、残念ながら利用する機会は無さそうだが、このプランが好評なら、この先、関西や四国のツーリングプランに繋がるかも知れないので、東京近郊のライダーはどんどん利用してほしいと思う(他力本願)。





絶版車





はままつポンポンまつりで、バイク買い取りのバイク王が、絶版名車の試乗会を開催していたので参加してきました。


車種は、(手前から)ホンダ・NSR250SE、カワサキ・SS500マッハ3、カワサキ・Z1、スズキ・GSX1100Sカタナ、ホンダ・CB750Four(K0)。


一人2車種までとのことだったので、午前と午後で1車種ずつ試乗することにしました。


受付で誓約書に記入して整理券を受け取ります。



最初の試乗はカワサキ・Z1。
理由は、何故か試乗枠が空いていたから。
重い、デカイのイメージからでしょうか。
半面、NSR250SEは午前の枠はすぐに埋まってしまってました。


試乗は先導、しんがり付きで浜名湖周辺の公道を走行します。


当時としてはハイパワーの900ccエンジンも、今となっては普通の大型バイクです。
走り出しはスムーズで、扱いにくさはありません。
最初思っていたほどの重さも感じませんでした。
プッシュキャンセルではないウインカースイッチが時代を感じます。

カワサキ特有の、ドヒュドヒュ言うエンジン音も健在。
しかし、恐らくカムチェーンと思われるジャラジャラ音や、何かが擦れるような「コキュッ、コキュッ」と言う音が常に聞こえていて、どこか壊れてるのではないかと心配になりました。
まあ、旧車なので、全く新車のままとは行かないんだろうなとは思っていたのですが。


試乗を終えて、午後の予約をしようとすると、Z1が試乗車から消えていました。
どうやら本当に壊れていたらしいです。
走行中に面倒なことにならなくて良かった(汗)。



午後からはSS500に試乗しました。

キックスターターなのですが、500ccの重さは感じず、一発始動。
大排気量2スト独特の轟音が響き渡ります。
プッシュキャンセルではないウインカースイッチと、一番下がニュートラルになっているシフトペダルが時代を感じさせます。


走りだすと独特のエンジン音が気持ちいい。
2ストレプリカのような甲高い音ではなく、大排気量ならではの太い音で、昔のバイクの音らしい存在感があります。

Z1の時のような不安は感じず、どこまでも加速するような爽快感がありました。
ただ、恐らく前オーナーが替えたのであろう絞りハンドルが扱いにくく、これがノーマルだったら良かったのにと思いました。


以上、2車種を試乗しました。
TZRオーナーとしては、NSR250SEも乗ってみたかったけど、残念ながら試乗枠が取れず。

バイク王の試乗イベントは各地で不定期に開催されているらしいので、また近くでおこなわれる際には是非参加したいと思いました。


はままつ
ポンポン
まつり
 


浜松は国内3バイクメーカーが工場を置く「バイクの町」です。
子供から大人まで、バイクの魅力を伝え、交通ルールやマナー、運転技術を向上し、より安全な交通社会の実現を目指すイベントが、「はままつポンポンまつり」です。

会場は浜名湖ガーデンパーク西駐車場。
私は2日目に訪れました。


バイクで行くと、駐輪場でドリンクチケットを渡されました。
これを提示すると、「ダンロップ・ツーリングステーション」のドリンクコーナーでコーヒーやスポーツドリンクなどが飲み放題になるというもの。
しかも、会場にいる間、何度でも利用できます。
何という太っ腹。



イベントは、メーカーや販売店によるバイクや関連商品の展示と、試乗会などの体験イベントで構成されています。


MVアグスタの展示。
試乗会も開かれており盛況でした。
私は時間の都合で乗れなかったのですが、MVアグスタの試乗って、あまり見かけないので乗っておけば良かったと少し後悔。


スズキは話題のV-Strom250を展示。
問い合わせる人が後を絶たず、期待の高さがうかがえます。
この時点では、まだ発売日は未定とのことでした。



ダンロップでは各種タイヤを履かせたバイクが試乗できる「タイヤ試乗会」を開催していました。


その片隅に、何故か、ぱわあくらふとのトラッパーが。
本来、トライアル競技の練習をするための器具ですが、自由に試乗して良いとのことだったので乗ってみたところ、これが面白い。
これに乗ると、自分の乗り方がいかに自己流でいい加減だったのかがよくわかります。
上手い人は、バランスを取って、ぴたっと静止させることが出来ます。



子供向けのイベントも豊富。


ランバイク大会。
足で地面をけって進む二輪車によるレース大会。
参加者は7歳までの子供なのですが、やたらコーナリング上手い子がいたりして、会場は大いに盛り上がっていました。


謎の乗用ロボット「IKEDOM」試乗会。
人型ロボット風の乗り物を操縦するイベント。
乗って特に何をするわけではないのですが、非常に盛況で1時間待ちの行列ができていました。


降着ポーズがかっこいい(笑)


中部ダンロップ杯ジムカーナ大会が開催されていました。

ジムカーナ大会を観戦するのは初めてだったのですが、速い人は車種に関係なく速いんだなと痛感しました。
私は技術以前にコースが覚えられないので無理だなあ(笑)


おまけ。
バイクイベントでは、イベントに出るバイク以上に、イベントに集まる客のバイクにも注目です。


この日も名車旧車珍車が大集結。
大変興味深かったです。


これだけのイベントが基本無料で楽しめるなんて、さすがバイクの町浜松ですね。




こんなに楽しいとは。
家にも一個欲しい(笑)

スタバ



スターバックスは14年度に初めて顧客満足で1位を獲得。その他の4指標でも首位となり、消費者から圧倒的な高い評価を得ていた。しかし、15年度には3位、16年度には4位に後退。17年度調査では上位企業のスコアが伸びたことも影響し、上位4社から外れた。

大変興味深い。
バイクで出かけた時に簡単な食事をする際、ドトールやコメダと言ったコーヒーショップに入ることが多くなった。
それだけ店が増えてきたということだ。
圧倒的人気を誇ったスタバも、過当競争で陰りが見えてきたということか。
実際、スタバのドリンクは高いしサンドイッチは作り置きなので、これならコンビニで良いやってなる。
同じお金を払うなら美味しいものが食べたいと思うのは人情だろう。

かつて「意識高い系」と呼ばれた人々が、スタバでMacBook開いて仕事する姿を見かけたが、これらが客の回転率を落としてスタバの売り上げを押し下げているのは間違いない。
人気も痛しかゆしと言うところだろう。

このまま後発に追い落とされてしまうのか、新しい秘策をもって攻勢に転じるのか、スタバの今後に注目だ。

でも行くならドトールが良いかな(フォローになってない)


↑このページのトップヘ