ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2017年04月

週末は夜市

台南では週末などの夜に、夜市と言うものが開かれる。 夜市とは広場に露店が立ち並ぶ、超絶デカイ縁日みたいなものだ。
この日は台南で最大規模を誇る、花園夜市に行ってみた。

出ている屋台は縁日と同じで、食べ物や日用品、おもちゃ、射的やクジ引きなど多彩。
特に食べ物の屋台は、日本ではなかなか見られない独特のものが多い。

夜市で外せないのは牛排(ニュウパイ=ビーフステーキ)だ。
この日も牛排の屋台で厚片牛排を食べた。

厚みが1センチぐらいもあるステーキ。
選べるソースは黒胡椒醤を選択した。
お茶とスープは無料サービスで飲み放題。
これだけ付いてお値段はたったの150NT$だ。

夜19時を過ぎると人出は一気に増加し、歩くのもままならなくなる。

ボイルワタリガニを売る店。
屋台の品物の代金は大体100〜200元ぐらいが相場のよう。

手づくりソーセージを売る屋台。

焼き牡蠣を売る屋台。
台南の西のほう、安平(アンピン)は牡蠣の産地だが、この牡蠣の産地は不明。

勝つと景品が貰える、マージャンみたいなゲーム。
子供が熱中していた。

輪投げ。

エアガンを使った本格的過ぎる射的。

どら焼きの屋台。
イメージキャラクターはあの方(笑)

タコ焼きも有りました。
店名は「新宿 宮崎店」(笑)

とにかく何でも安いし旨いし楽しい。
これが毎週開かれるんだから実に羨ましい。
日本でも、何処かでやってくれないかなあ。

 

盗難対策

【画像はイグニッションキー。ウラルのハンドルロックはここじゃない】




バイクは常に盗難の危険にさらされている。
車に比べて小さく目立たない為盗み易く、登録手続きが簡単なので転売し易い。
また、解体して部品にすれば足が付きにくい。

さて、ウラルはどうなのか、買った時にディーラーに訊いた事があった。
その返答は驚くべきものだった。

多くのウラルオーナーは、
車両にロックをかけない
、と言うのだ。

理由はこうだ。

盗もうとする奴がいない
サイドカーは大きく目立つので盗みにくい。
上手く盗み出したとしても、予備知識の無い者では、まともに運転する事すら出来ない。

盗んだ車両を転売出来ない
ウラルは国内流通台数が少なく、メンテナンス出来る店も限られている。
盗品が入庫すればすぐに分かる。
オークションに出しても、ウラルは珍しいので、すぐに足が付く。

オーナー同士の情報交換が盛ん
ウラルオーナーは数が少ないので、新しくウラルに乗ろう者なら、すぐに知れ渡るし、車両の特徴からどのオーナーの車両か判る。

ハンドルロックがヤバイ
ウラルのハンドルロックは信頼性が低く、たまにロックしたら外れなくなる事があるらしい。


しかし、物珍しさから勝手にいじられたり壊されたりする事はあるようなので、出先ではディスクロックやブレーキレバーロックを使う人も居るとの事だった。

盗まれにくいとは言え、やはり何らかロックはしておいたほうが良さそうだ。



懷舊小棧



杏仁豆腐とかき氷の甘味店。

杏仁豆腐やかき氷を組み合わせ様々なトッピングを加えて食べられる。

注文は入り口で用紙に注文を書いて店員に渡す前金方式。
最初に「外帯」(ワイタイ=テイクアウト)か訊かれるので、店内で食べる時は「内用」(ネイユン)と伝えよう。

日本語メニューは無い。 






訪れたのが冬場だったので、かき氷は外して杏仁豆腐に練乳と小豆、パイナップルをトッピングしてみた。
これで47NT$。
爽やかな甘さで美味。




五妃廟(ウーフェイロウ)と言う史跡の前に在り、場所は分かりやすいが、休日の日中だと席の確保が難しいかも。



出るんだ

モーターサイクルショーでも展示されていたアドベンチャースクーター「X-ADV」が本当に発売されるそうです。
 
スクーターとは言うものの、AT免許では乗れない745ccエンジンとか、一体どんな層をターゲットにしているのかさっぱりわからない。

モーターサイクルショーで見た感じでは、確かに質感は高かったけど、アドベンチャースクーターという新ジャンルがどれほど受け入れられるのか疑問が残るモデルです。

しかし、NM4もそうだけど、こうした挑戦的というか実験的というか、そういったジャンルに惜しげもなくニューモデルを投入してくるホンダの姿勢は称賛に値します。

後でどうなっても知らないけどな。

実は私、NM4は大容量パニアとか付ければ最強の旅バイクになるんじゃないかと密かに思ってるので、DCT搭載のアドベンチャースクーターって、カスタマイズ次第では大化けするんじゃないかと思ってます。

買わないけど。 
 

上海好味道小篭湯包

台南で人気ナンバーワンの小籠包の超有名店。
台南で小籠包と言えば先ずここの名前が出る。


入口で外帯(ワイタイ=テイクアウト)か内用(ネイユン=イートイン)か訊かれるのでに「ネイユン」と伝えよう。
左側の列は外帯区(持帰り)の列なので、間違って並ばないようにしよう。


小籠湯包(85NT$)
さすが名店だけあって中のスープの味が他店とは一線を画す旨さ。


蟹黄湯包(150NT$)
蟹入り小籠包。使っている蟹は上海蟹かどうかは分からないが、風味は出ている。


招牌春巻(120NT$)
揚げ春巻き。旨いけど、中のあんが非常に熱いので口の中火傷必至。

価格は割高だが味は文句無し。
難点はチャーハンなどご飯系の料理がない事。

時間も遅くまでやっているので、台南に来たら一度は行っておきたい。




↑このページのトップヘ