オフロードを
走ろう会

9月7日に開催された、ナカヤマバイクラジオさん主催の「オフロードを走ろう会」に参加しました。

元々「オフロードを走ろう会」は、普段なかなか走る機会が無いオフロードコースをバイクで走り、競技ではなく純粋にオフロード走行を楽しもうという企画だったのですが、近年は11月に同じ主催者が開催予定のホンダ・トゥデイ(AF61)による競艇風ワンメイクダートトラックレース「GT61」に使用する車両のコンディションチェックおよび出場予定者の練習走行を兼ねており、GT61で使用される車両4台が持ち込まれました。

FullSizeRender
9月とは言え夏の猛暑が残るこの時期、こんな中をバイクで走ったら大変な事になる…と言うわけで、颯爽と南海電車に乗車(ヘタレ)。
河内長野駅に到着後、近くのコンビニで水と食料を買い込みます。
今回は午後からの半日間だけなので飲み物は控えめにしたのですが、結論から言うと、この判断は誤りでした。

FullSizeRender
河内長野駅から徒歩5分のところにあるオフロードコース「プラザ阪下」に到着。
看板が塗り替えられていました。

バイクや車で入場する際には受付で駐車場代を支払う必要がありますが、私は徒歩なので挨拶だけして会場となるAコースへ向かいました。

一応、受付から主催者に連絡すれば、会場まで送迎してもらえることになっていたのですが、交通事情で主催者の到着が遅れていたので会場まで歩くことにしました。
因みに受付からAコースまで約2キロの登りです。

30分ほど歩いて、道のりも後半にさしかかった辺りで、参加者の方がバイクで通りかかったため、会場までタンデムさせてもらいました。
いやあ、助かりました。ありがとうございます。

会場には既に参加者の方が何人か来られていて、中には朝から自分のマシンで走り込んでいる人も居ました。

しばらく待っていると主催のお二人が到着され、会場の設営など準備を開始。
我々参加者も手伝いました。

参加者は4台の車両に交代で乗り、Aコースの広場部分に置かれたパイロンを目印にオーバルに周回します。
路面コンディションはドライで、土には粘り気が無くフカフカです。
「GT61」では非力な車両を使うので、路面コンディションは走りに大きく影響します。
走り方やフォームなどは選手それぞれの工夫がありますが、路面コンディションは当日にならないと分からないので、いかに早く路面コンディションに合わせた走り方を見つけるかが勝敗のポイントになるのではないかとの参加者の一致した意見でした。

さて、この日はとても暑く、炎天下では37℃を超えていたらしいです。
そのため、コースに出ても、ものの3分ぐらいで暑くて走っていられなくなり、早々に日陰に引き上げて来ました。

FullSizeRender
それは他の参加者も同じようで、遂にはほぼ全員が日陰に避難(笑)

FullSizeRender
走行風景を撮ろうと持ってきたアクションカメラもオーバーヒートして動かなくなりました。

持ってきた水はどんどん消費され、2リッターがあっという間に無くなりました。
途中、自動販売機に飲み物を買いに行ったりしながら走行を継続。

FullSizeRender
15時近くになり、暑さがピークになってきた頃、ナカヤマバイクラジオさんのもう一つの推し、お手製カードによるカードゲーム大会が始まりました。
ゲーム内容がバイクネタにアレンジがされていて、初心者でも楽しく遊ぶことができました。

主催のナカヤマバイクラジオさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
次はレース本番でお会いできることを楽しみにしています。

ナカヤマバイクラジオさん主催の競艇風ワンメイクダートトラックレース「GT61」は、11月3日開催予定で、現在出場者募集中です。
詳細はナカヤマバイクラジオさんのサイトをご覧下さい。