緊急

先日の山梨キャンプツーリングから帰宅するとき、ウラルの挙動で気になるところがありました。

高速道路を走行中に、時々失火しているのか、突然ガクッと減速することがあったのです。
現象は一瞬だけで、その後は普通に走り続けることが出来ましたが、そんな事が何度も起きました。

雰囲気としては、プラグの失火かガス欠に似ていたので、帰宅後、各部を点検してみました。

FullSizeRender
先ず、オイルゲージを差し込んでみたところ、オイルの量が極端に減っていました。
取り敢えず常備しているオイルを500mlほど補充しました。
ウラルはオイル漏れが度々あるため、長距離を走った後は必ずオイル量をチェックすることにしているのですが、千キロ走行で500mlも減ったのは久し振りなので気になりました。

FullSizeRender
左側(クラッチレバー側)のプラグを外してみたところ、2ストのプラグのように真っ黒でベタベタになっていました。

FullSizeRender
続いて右側(ブレーキレバー側)のプラグを外してみたところ、こちらは普通に焼けていました。
以前、プラグを確認したときは左側もこんな感じでした。

左のプラグの汚れ方はオイルが燃えたようにも見えるのですが、マフラー出口は汚れてないので、失火が頻発したせいかも知れません。

FullSizeRender
プラグは1万キロ走行毎に交換が推奨されており、指定距離を3千キロほど過ぎているので、常備している新しいものに交換しました。

FullSizeRender
プラグキャップを確認したところ、真っ赤に錆びていました。
TZRでもプラグキャップとプラグコードが腐って失火する不具合が出たことがありました。
今回は一応接点を磨いて、グリスを薄く塗ってから組み付けましたが、これは近々交換することにします。

続いてエアフィルター。

IMG_7099
ウラルのエアフィルターは乾式なのでエアブローで清掃することが出来ますが、エアフィルターも1万キロ毎に交換が推奨されていますので、交換することにしました。

FullSizeRender
普通に純正フィルターでも良かったのですが、K&NのリプレイスフィルターにEFIウラル用があることを知りました。
K&Nフィルターは10年100万マイルの性能保証があり、汚れたら洗浄して繰り返し使えるのも便利です。

IMG_7102
国内代理店では取扱が無いらしく、見つけられなかったので、米Amazonから購入しました。

FullSizeRender
FullSizeRender
装着は純正と入れ替えるだけです。


取り敢えず不具合の原因と思われそうな箇所は対策しましたが、次のツーリングでは、どんな結果が出るのでしょうか。