安平古堡


台湾滞在中は仕事が忙しかったこともあって、観光をほとんどしなかった。
さすがに休日ホテルにこもりっきりと言うわけにもいかないので、この日は近くの「安平古堡」(アンピンコホウ)に行ってみた。

安平古堡はオランダ統治時代に建てられた、台湾で最も古い城(城堡)で、国家一級古蹟に指定されている。


入場券を買う列。
日曜日と言うこともあり、結構な人気だ。


入場券50NT$。


敷地内にある「ゼーランディア城博物館」。
ゼーランディア城は安平城の別名。


中では城の経緯から台湾の歴史を触れる展示がある。
台湾語、英語、日本語で書かれている。


博物館を出て城堡へ向かう。


1813年製の大砲。


城堡の入り口。
左の塔は展望台。


展望台に登ってみた。
周囲に高い建物は無いので、市街を一望できる。


一級古蹟に展望台なんか建てて大丈夫なのかと思ったけど、この城堡は再建されたもので、一級古蹟には含まれて無いらしい。


安平古堡の周囲はマーケットになっていて、観光客であふれている。


お土産屋が多いが、中には駄菓子を売る店もある。


安平は海に近く、エビや牡蠣が名産。
特にエビせんべいの店は至る所にある。
試食だけでお腹いっぱいになる程(笑)



たまには、こんな休みの日も無いとね。