Google
マップ

Googleマップの仕様が変更されたことが話題です。
今までのゼンリン製地図の使用をやめて、自社製に切り換えたのではないかと言われています。



 「Googleマップから林道、細い路地、バス停が消えた」「建造物の情報が古くなった」「道路の形や名称、地形がおかしい」──そんな報告が3月21日夜からネット上で相次いでいる。実際に日本国内の地図が以前から変わっている他、一部の道路が欠損していたり、建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在している。

FullSizeRender
私も早速Googleマップを確認してみたのですが、バス停のマークが無くなっていました。
私は仕事で山奥のスポットに公共交通機関で行かなければならない事がよくあり、そんな時には最寄りのバス停を探して、その路線からルートを検索することが多いのです。
その経験から、ふもとっぱらキャンプ場まで新幹線と路線バスで行ったこともあります。
バス停のマークはそんなときに便利だったので非常に残念です。

以前からGoogleマップはストリートビューや経路検索など便利な機能がある反面、とても車が通れないような細い道へ誘導したり、制限速度を超過しなければ不可能な到着予想時間を算出したりと問題が多かったので、今回の地図変更でしばらくの間、混乱が予想されます。

FullSizeRender
一方でゼンリン製地図を採用しているYahoo!マップの地図にはバス停マークが表示されています。
Yahoo!マップやYahoo!カーナビは日本での利用に特化したサービスのため、使い勝手も洗練されています。
私もGoogleマップの使用をやめはしませんが、状況次第ではYahoo!マップの併用も含めた運用を考えています。

それにしても、一つのスマホに地図アプリ3つ(Apple、Google、Yahoo!)とナビアプリ2つ(Yahoo!、MAPULS+)入っているのは無駄が多い気がします。
この中から決定打となるアプリが出てくるのでしょうか。