楽しー





元記事はヤマハ発動機のサイトで2017年に掲載されたものだ。
内容は女子ライダー目線による初心者向けアドバイスとなっている。

元記事ではバイクに乗る女性「バイク女子」が最近少しずつ増えている、とし、女性ライダーがバイクに乗るようになった理由を紹介している。

よく聞く理由として、
  • 身近に、バイクに乗っている女性がいた
  • 父親や兄弟、彼氏などがバイクに乗っていた
を紹介しているが、これはバイク王の調査でもそのような結果が出ている。

また、女性ライダーのバイク選びのポイントとして、
  • 車両の重さ
  • シート高、シート幅、ハンドルの位置
  • 取り回しのしやすさ
を挙げているが、これらは女性に限ったことでは無い。
当ブログでは「乗りたいバイクがお勧めバイク」との方針なので、ここは相容れないが、次で上記条件に合ったヤマハのバイクを紹介しており、そう言う事かと思った(笑)

そして、バイク女子にオススメのバイク3選。
もちろん元記事はヤマハの提灯記事なので、お勧めバイクは全てヤマハ製だ(笑)

1.トリッカー(YAMAHA)
「トリッカー」は、30年以上の歴史がある「セロー」というモデルを、街乗りに最適化させたバイクです。
違います。
セロー225をベースとしたブロンコというバイクがあるからか誤解している人が多いが、トリッカーのエンジンとフレームをベースに作ったのがセロー250だ。
セロー250は2005年発売、トリッカーは2004年発売でトリッカーのほうが早い。
セロー250発売当時の開発者インタビューなどでも、トリッカーのエンジンとフレームをセロー250に流用したと語られている。
この記事書いた人はともかく、この誤りに気付く人がヤマハ発動機に居なかったのだろうか。


2.NMAX155(YAMAHA)
「NMAX155」はビッグスクーター と呼ばれるタイプのバイクです。
スクーターは複雑な操作が必要ありませんので、気軽に乗ることができます。
今だったらこの枠はトリシティ155だと思うんだけど、当時は発売直後で品薄だったから外したのだろうか。


3.MT-25(YAMAHA)
教習車としても利用されるネイキッドは、街乗りからツーリングまで、どんな用途でも使える万能性を持っています。
今の世代の人はネイキッドと言えば教習車なんだな(笑)


この後しばらく、バイクの購入の話やウェアの話が続き、初めてのツーリングの話へ。

ちなみに、バイクに乗りはじめて間もないときは、ソロツーリングではなく、必ずツーリングに慣れている人と一緒に行くようにしてください。
気心が知れたライダーが居るなら、その人と一緒に行くのが良いが、そうでなければソロのほうが良いと思う。
ソロなら気兼ねなく休んだり寄り道したり出来るし自分のペースで走れるからだ。
トラブルの時に仲間が居れば心強いが、最近はスマホナビやロードサービスもあるし、そんなに気にしなくて良いのでは無いか。
マスツーに慣れてない人とツーリングすると、ペースがメチャクチャだったりして、かえって負担になることも多い。

また、いきなり知らない道を走るのではなく、最初は近場の、以前行ったことの有る場所に行ってみることをお勧めする。
そうして慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていく。

どうぞ楽しいバイクライフを。