開けたった

先日故障して新しいものに更新したスライドガストーチ。
これはこれで解決なのですが、スライドガストーチが何故故障したのかが分かりません。
原因をはっきりさせておかないと、また同じ失敗をする恐れがありますから。
そこで、故障したスライドガストーチを分解し、故障の原因を調べることにしました。
もし簡単に直るようなら直して再び使えるようになるかも(←貧乏性)

警告!
ガスを扱う製品の分解は危険な作業です。
決して真似しないで下さい。
なお、分解するとメーカー保証の対象外となります。


FullSizeRender
それでは分解していきます。
ガスを扱う製品なので、万一に備え金属トレイの中で作業しています。


FullSizeRender
ケースを留めているネジを外していきます。
先ず、裏面に2箇所。
ゼロ番のプラスドライバーで外します。


FullSizeRender
ガス注入口の横に1箇所。
これで見えるネジは全部外しましたがカバーはまだ外れません。
どこかに隠しネジが有るようです。


FullSizeRender
ラベルの辺りを探してみると、表のラベル下、ブランドマークの辺りに1箇所ありました。
ドライバーを突っ込んでラベルを破り、ネジを外しました。
これでメーカー保証は受けられなくなります。
ずいぶん前に保証は切れていますが。


FullSizeRender
隠しネジだけ他のネジと長さが違います。


FullSizeRender
カバーが開きました。
オレンジの線は着火用電極へ繋がる電線。
黒い線はガスが通る管です。
火口を畳んだとき、黒い管が強く引っ張られた状態になっており、管を留めている部分で押しつぶされています。
最初、これがガスの出ない原因かと思ったのですが、管を外して潰れている部分を直してもガスは出ませんでした。

FullSizeRender
着火ボタンに連動しているガス開閉バルブのレバーをドライバーで押し下げてみましたが、やはりガスは出ませんでした。
どうやら開閉バルブ自体が故障してしまっているようです。
これではどうしようもありません。

今回の故障はごみが詰まったなどといった外的要因ではなくバルブの故障だったので、本当に製品寿命だったのかも知れません。
構造も簡単で長期の使用に耐える前提の製品ではないようです。
今後はそれを考慮した使い方をして行こうと思います。