今更?



JR東日本は12月27日より列車運行情報のTwitter配信を開始した



まずは先行して、新幹線・在来線特急列車の運行情報の配信を開始しているが、関東エリア(東海道方面、東北・高崎方面、中央方面、常磐方面、総武方面)、東北エリア、信越エリアの配信を予定している。
驚いた。
今頃になってどうしたのだろう。
このような運行情報は、公式サイトはもとより、既にYahoo!などのアプリやウェブサービスで容易にアクセスできるほか、JR東日本の公式サイトをソースとする非公式botが多数運用されていて、情報の取得に困ることは無い。
確かに一次ソースとしての信頼性はあるのだけれど、情報の出所ははっきりしているので公式だからといってアドバンテージは感じない。
むしろ今までこのような配信をおこなっていなかったのが不思議でならない。
サービスが充実するのはありがたいことだけど、どうにも出遅れた感が否めない。