どうなる?

道の駅あわじで昼食の後、北淡方面へ向かいました。
私が島をツーリングする際は、冬場は常に日向となる時計回り、夏場は常に日陰となる反時計回りに回ることが多いのですが、今回の淡路島ツーリングでは、交通量の多い東側を避けるため、敢えて反時計回りのルートを選びました。

と言っても、今回は時間的な制約もあり、島一周ではなく、途中の津名でショートカットするルートとしました。

FullSizeRender
たこせんべいの里」に到着。
こちらはおせんべいなどを工場直売しているところ。
無料のコーヒーサービスやきれいなトイレがあり、ツーリングでの立ち寄りスポットや観光バスの休憩スポットとして知られています。
製造風景をガラス越しに見られる工場見学があり、ほとんどの製品が無料で試食できます。

最近では各地でよく見かけるようになった、無料でサービスを提供する代わりに商品を買ってもらうことで採算を取るビジネスモデルの走りの施設です。

FullSizeRender
トイレ休憩と無料のコーヒーを頂き、お土産にせんべいを買って、島を横断して東側へ出ました。

FullSizeRender
淡路市から岩屋方面に向かっていると、東浦の手前あたりで巨大な白い像が見えてきます。
淡路では有名なランドマーク「世界平和大観音」です。

FullSizeRender
こちらは元は「平和観音寺」と言う、財を成した地元出身のオーナー氏が私財を投じて作った施設です。
宗教法人ではなく、観光用の寺院とのことです。

中にはオーナー氏が収集した美術品などのコレクションを展示したりしていたそうですが、オーナー氏や親族が亡くなると所有者不在となり、荒れ果ててしまったそうです。


FullSizeRender
十重の塔は頭頂部の屋根や壁が抜け、骨組みが露出していました。
掛けられているネットは、部材が飛散して周辺に被害を及ぼさないように、淡路市によって設置されたものだそうです。

FullSizeRender
世界平和大観音の基部も、ガラスが割れ、落書きが多数見られます。

IMG_4593
観音像本体も外壁の剥落が見られました。
中に入ることは出来ませんが、過去の報道によると倒壊の恐れがある、かなり危険な状態だそうです。
撤去するにも多額の費用が掛かるとの事で、当面はこのままの状態で放置されるようです。

一体この先どうなってしまうんでしょうね。