マジかよ






先日発表された、世界で初めてドローンを標準搭載するサイドカー付きオートバイ、ウラル・エア。
当初、世界限定40台、日本への輸入は2台とアナウンスされていた。

ところが、発表と同時に問い合わせが殺到し、輸入枠を10台まで増やすという。
しかも、既に全部が売約済みと言うから驚きだ。

私が聞いた時は、当初の2台と展示用の1台を輸入するという話だった。
まさかここまで売れているとは。

日本への輸入枠が10台に変更されたことで、世界限定40台の枠がどうなるかは未確認だ。
他の国の分を日本に振り替えるのか、生産台数自体を増やすのか。

ちょっと気になっているのだが、もし限定車としてのウラル・エアに魅力を感じて注文した人が居たなら、この台数変更に複雑な思いを持っているのではないだろうか。

最近は品質も向上してウラルの購入や維持がしやすくなったので、ユーザーが手を出しやすい環境になっていると思う。