ヤベェ

滋賀県の高島市朽木にある桑野橋河川公園へキャンプツーリングに行きました。

今回の相棒は、


IMG_4246
しまりんビーノ!

ビーノを選んだ理由は単純で、ウラルはタイヤの残りが少なく、TZRは姿勢がつらいから。
夏の小豆島キャンプで、ある程度実績も出来たので、本格的に寒くなる前に晩秋キャンプにトライです。

ただ、ビーノを使うとなると高速道路は使えず30km/h縛りになるので移動距離がかなり制限されます。
今回も夜明けとともに出発し、昼過ぎ頃に目的地に到着するつもりでした。

京都府に入り園部辺りまで来たときに燃料計は半分を切っており、事前に調べておいたガソリンスタンドで給油しようと計画していました。
ところが、予定していたガソリンスタンドが休業しており、急いで探した最寄りのガソリンスタンドは、目的地と反対方向に20km先です。
仕方がないので、そこへ向かったのですが。

ようやくたどり着いたガソリンスタンドは、廃業していました。

この時点での前回給油からの走行距離は200km。
ビーノのツーリング燃費は50km/L、ガソリンタンク容量は4.5Lなので、あと25kmは走行できる計算。
そして、次の最寄りガソリンスタンドまでの距離は30km。

もしかして俺終わってね?

そして私は最後の賭けに出ることにしました。
ナビアプリの誘導を無視して、山道をショートカットすることにしたのです。
つづら折りの道が続く国道477号は、明らかにこちらのほうが近道なのにナビアプリがルートに選定しませんでした。
後で知ったのですが、この道は交通の難所として知られる百井峠を通るルートで、文字通りの酷道だったのです。

Momoi-wakare01[1]
【百井別れ(Wikipediaより)】

スマホの電波もGPSも受信できない山道を、ガス欠寸前のスクーターで登っていく恐怖は耐え難いものがありました。
万一ここでガス欠すれば、助けを呼ぶことも出来ず荷物満載のバイクを20kmも押して歩かなければならないのです。
ヤバイ、ヤバすぎます。
スロットル操作を最小限にして燃費走行を心掛けながら、ようやく峠を下り切った時には心底助かったと思いました。

ガソリンスタンドに着いて給油すると、給油量は3.75Lでした。
0.75L残っていました。
幸いなことに、今回のツーリング燃費は自己ベストの58km/Lを叩き出していました。
旅先での給油は余裕をもっておこなおうと、改めて思いました。