オイル交換

毎回2000km前後で交換しているウラルのオイル交換時期が来たので、オイル交換しました。
FullSizeRender
いつも使っていたシェブロンのオイル(通称:コストコオイル)が安く入手出来なくなってしまった為、別の安いオイルを探していた所、RAMCOと言うブランドのオイルを見つけました。
調べてみると、RAMCOは大阪の櫻製油所という所のオリジナルオイルだそうです。
4リッターで2000円を切る低価格ですが、SL/CF相当の鉱物油ベースオイルです。
安オイルを早いサイクルで交換するスタイルの私にはうってつけです。

早速オイル交換開始。

FullSizeRender
抜いたエンジンオイルはこんな感じ。
実質2200kmほどの走行ですが、それ程劣化している様には見えませんでした。
FullSizeRender
ドレンボルトのマグネットにも鉄粉の付着はわずか。

続いてミッションオイル。
FullSizeRender
ウラルのミッションオイルはエンジンオイルと同じ物を使用しますが、入れる所は分かれています。
FullSizeRender
こちらもオイル自体の劣化は感じられませんでしたが、鉄粉はそれなりに付着していました。

FullSizeRender
今回はオイルフィルターの交換サイクルではありませんが、オイルの銘柄を変えるのでフィルターも一緒に交換します。

FullSizeRender
フィルターに新しいオイルを満たし、ゴムパッキンにもオイルを塗ってから取り付けます。

レビューで、粘度が高くてなかなか入って行かないとあったのですが、前のオイルからの違いは特に分かりませんでした。

オイル交換の後、300kmほど走行しました。
操作感などは特に変わり無く、普通に使えそうです。
ただ、今まで以上に足元に熱気を感じる事があり、オーバーヒート気味なのかと油温を見ると、十分に低い温度でした。
これってオイルが温まりにくいって事なんですかね?

特に不具合らしき事も無いので、しばらくはこのオイルで様子を見たいと思います。