ハイブリッド




ホンダはは、スクーター「PCX」シリーズに、量産二輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを採用した原付二種スクーター「PCX HYBRID」をタイプ設定し、9月14日に発売すると発表した

 PCX HYBRIDは、2018年4月に発売したPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現しました。走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定。快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としています。

世界初となるPCXのハイブリッドシステムは省燃費性能より走行性能に着目して開発されているようだ。
実際、ホンダのサイトで発表されている燃費性能は次の通り。


FullSizeRender

【スクリーンショット】

軽二輪であるPCX150は別として、ガソリンエンジンのみのPCX125との燃費性能の差はわずかだ。
ABSなどの装備が標準とは言え、燃費性能だけでハイブリッドを選ぶ理由はほぼ無い。
たぶん、メーカー側もそれを見越して、ハイブリッドの特徴であるモーターとエンジンの組み合わせを利用した走行性能向上をアピールポイントにしている。

具体的には、PCXにも搭載されている12馬力のガソリンエンジンに1.9馬力の電動モーターのパワーをを上乗せすることでトルクが33%向上し、走り出しから4秒間モーターアシストさせることで加速性能を向上しているとのこと。

上記の通り燃費性能では訴求力が弱いが、クラスを超えて大幅に向上したという走行性能は是非試乗して体験してみたいものだ。