サイドスタンド


ビーノと同時に購入したものの、納車に間に合わなかったサイドスタンドキットが入荷したので、受け取ってきました。

普段使いにはサイドスタンドが有ったほうが便利だし、屋外保管なので、センタースタンドだと強風時に倒れる恐れもあるので、欲しかった装備です。

FullSizeRender
サイドスタンドは社外品も発売されていますが、今回はヤマハ純正サイドスタンドキットを使用しました。
型番はQ5K-YSK-058-H02。
ビーノ(XC50D)は基本構造がJOG(CE50)と共通なので、サイドスタンドもJOG用がそのまま取り付けられます。
箱にはMADE IN JAPANと書かれていますが、中身のパーツのほとんどは台湾製です。

FullSizeRender
箱の中身。
  • サイドスタンド本体(2NB-F7311-00)
  • ボルトM10(90109-10473)
  • セルフロックナットM10(90185-10120)
  • スプリング(90506-20807)
  • ストッパーゴム(3VR-27114-00)
  • サイドスタンドスイッチ(5KN-82566-40)
  • ボルトM5(91312-05014)、2本
  • 結束バンド(90464-60800)
  • 説明書(Q5K-058-H02-M01)
取り付けには、ネジロック剤とグリスが別途必要です。


取り付け。

FullSizeRender
左サイドモールを取り外します。
サイドモールは前後のねじを外したら後方へスライドさせると外れます。
壊れますので力ずくで外さないように。


FullSizeRender
車体側にはサイドスタンドブラケットが用意されています。
ストッパーゴムを差し込み取り付けます。

FullSizeRender
サイドスタンドとブラケットの接続部およびボルトの段付き部とボルト穴にグリスを塗ります。
ボルトのネジ部にはネジロック剤を塗ります。
グリスはデイトナの万能グリス、ネジロック剤はロックタイト243を使用しました。
規定トルクの31Nmで締め付けました。

FullSizeRender
スプリングを引っ掛けて取り付けます。

FullSizeRender
サイドスタンドスイッチを取り付けます。
ボルトのネジ部にネジロック剤を塗り、締め付けます。
上側のボルトはレンチが届きにくく、苦労しました。

FullSizeRender
バッテリーカバーを取り外します。
バッテリー横に見えているのがサイドスタンドスイッチ用のカプラーです。
ショートカプラーが取り付けられています。

FullSizeRender
FullSizeRender
入線口の蓋をニッパーで切り取って外し、サイドスタンドスイッチのリード線を通します。


FullSizeRender
FullSizeRender
ショートカプラーを取り外し、サイドスタンドスイッチのカプラーを取り付けます。
サイドスタンドスイッチが故障するとエンジンが始動できなくなるので、万一の為ショートカプラーはビニール袋に入れてメットインスペースに入れておきました。



FullSizeRender
説明書には指示がありませんが、サイドスタンドスイッチのリード線はこの辺りで結束し固定しました。


FullSizeRender
カバー類を元通り取り付けて完成。
念のため、センタースタンドを掛けた状態でエンジンを始動し、サイドスタンドを出してエンジンが停止するか確認しておきます。


ちょっと走ってみましたが、やっぱりサイドスタンドがあると便利ですね。
サイドスタンドの位置が、ちょうど左足で隠れる位置なので、サイドスタンドスイッチは有ったほうが良いと思いました。