ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

3000km
 

FullSizeRender
ビーノの走行距離が3000kmに達したので、オイル交換しました。
ビーノは主に近距離での使用が多く、走行距離が伸びないので1000km毎にオイル交換をしています。
最近は過酷な使用が多いからか、冷間時のエンジン始動に手間取るようになってしまいました。
セルを回しても一発始動せず、何度も回さないとエンジンが掛からない感じです。
長期間放置したわけでもなく、前日の夕方まで走行して、翌日の朝に乗ろうとしてもそんな感じ。
バイク屋さんの話では、暖機運転が足らない状態で近距離の移動が多いとありがちな症状だそうで。
最近のバイクは品質の向上などで暖機運転は不要とも言われていますが、小排気量のバイクでは、その差が顕著に表れるのかも知れません。

さて、梅雨も明けて猛暑に突入したので、暑さ対策をする事にしました。

近距離での使用が多いビーノは、買い物などで駐輪場に駐めておく事もよくあります。

FullSizeRender
ビーノには純正シートカバーを付けていますが、屋根のない駐輪場では日差しにさらされ、乗ろうとすると熱っちっちに。

FullSizeRender
余談ですが、シートカバーは野良猫の爪とぎに使われてズタボロになっています(泣)

そこで、こちらを導入しました。

FullSizeRender
クールメッシュシートカバーです。
届いたものは外装が埃まみれ。
どうやら長期在庫品だった模様。
1年も前に生産終了した車種のオプション品だから、手に入るだけマシなのかも知れません。
幸い中身は無事でした。

FullSizeRender
何と台湾ヤマハ純正品。
日本では純正品としての扱いは無いようです。

FullSizeRender
本来はシートの上から直接取り付けるのですが、それだとシート地のえんじ色が出てしまうので、黒シートカバーの上から装着します。
ちょっと窮屈ですが一応取付は可能です。

FullSizeRender
装着完了。
素晴らしいフィット感。まるで純正品のようです(※純正品です)

少し走ってみましたが、メッシュになったことでシート生地が尻に密着しないので、尻の熱さは大幅に低減されました。
あとはメッシュの耐久性がどの程度あるのかが気になります。
夏しか使わないつもりのでしばらくは使えると思うんだけど。
夏で無くても長距離を走るときにも通気が良くて快適かも知れません。



減少
 

当ブログの7月の月間プレビュー数は

14913PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今月も、先月より1700プレビューほど減少しました。
ここ数ヶ月仕事が忙しく、記事が更新できなかったことが響いているようです。
それでも多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

依然、当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。
「さ○やか」と同じ味だと言う噂の「満点ハンバーグ」を試食した記事です。
相変わらず安定した人気です。


SENAのインカム30Kを取り付けた時のレビュー記事です。
こちらもツーリングシーズンとなり、安定したアクセスがあります。

特急サンダーバードでおこなわれているグリーン車利用者向けサービスを紹介した記事です。この記事も安定したアクセスがあります。


ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

トライクの関連法規について、よく勘違いされる点を中心にまとめた記事です。
公開後大きな反響がありました。

先日関西ローカルで放送されたTV番組にウラルサイドカーが登場しました。
放送の一部を簡単に紹介しています。


SOTOのスライドガストーチを更新したときの記事です。
便利ですが故障しやすいのが難点。



相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


ECU
  
先日のウラル入渠では、こちらが依頼した修理の他に、もうひとつ、ある対策がおこなわれました。

2014年から2018年までのウラルには米エレクトロジェット社のインジェクションが採用されていましたが、このインジェクションに使われている電子制御ユニット(ECU)が、ある条件下で不具合を起こすというのです。

最初にこの話を知ったのはSNSから流れてきた情報からで、それによると、「ECUに水が掛かると内部のコンピューターのプログラムが消えてしまう」と言うものでした。

不具合が発生した時の状況を写したとされる画像も見ましたが、内容は診断ツールが右側ECUの通信エラーを表示しているだけのもので、どうしてこの画像から「プログラムが消えた」と断定できたのかが全く分かりません。

海外のユーザーフォーラムの記事なども調べてみましたが、「ECUのプログラムが消える」という現象が発生したユーザーなどの書き込みを見つけることが出来ませんでした。

そこで入渠の際にディーラーに確認したところ、次のような回答を得ました。
  • 該当のインジェクションを搭載した車両で高圧洗車などをおこなうとECU大気圧センサーから浸水することがあり、最悪の場合ECUが故障する。
  • 該当する車両は日本に147台あり、実際に不具合が発生したのは3台。
  • 対策として大気圧センサーに「シュノーケル」と言う樹脂製のカバーを希望者に無償で取り付ける
プログラム云々は全く関係なく、ECUが故障するという話でした。
私の車両にも対策を依頼し、上記の情報を元に改めて海外のユーザーフォーラムの記事を当たってみたところ、ウラルUSAの回答とみられる次の書き込みを見つけました。

The barometric pressure sensor port located on the ECU cover was designed to be water proof however for riders using their Urals year-round, especially in adverse weather conditions the sensor can potentially leak. PK IMZ will honor installation of the protective snorkel on all 2017-2018 model year Urals under warranty. Dealers are instructed to install the protective snorkels during initial assembly or during a normal service interval for all 2017-2018 models.
(意訳)ECUカバーにある大気圧センサーは通年使用できるよう防水設計になっているが、特に悪天候ではセンサーが浸水する可能性がある。PK IMZは保証期間中の2017-2018年モデルのすべてのウラルに保護シュノーケルを取り付ける。ディーラーは2017-2018年モデルの組み立て時や定期点検時に保護シュノーケルを取り付けるよう指示された。

ウラルUSAはこの不具合を経年劣化のひとつと考えているようで、上記書き込みにもこの対策を通常の保証修理として扱うようなことが書かれています。
販売台数も異なるのでしょうが、保証期間にかかわらず2014-2018年モデル全てに対策をおこなうとしているウラルジャパン(と日本のディーラー)のほうが手厚い対応となっています。
ただし上記不具合によりECUが故障した場合は保証期間中のみの対応となります。
リコールではなくサービスキャンペーンに近い内容です。

FullSizeRender
と言うわけで、シュノーケルの取付をして貰ったのですが、このシュノーケルは大気圧センサーへの水の直撃を防ぐことはできるかも知れませんが、川を渡ったりと言ったオフロードで使用する人では、どこまで保護できるのか疑問です。

通常オートバイに使用される電子機器では防水対策が入念におこなわれているはずであり、悪天候程度で故障するとは思えません。
別の書き込みでは「ECU内は樹脂で満たされていてカバーを開けることも出来ない」と言ったものもありました。
ディーラーによると、屋根付きの車庫に保管しておいただけで上記不具合が出た車両もあるとの事で、本当に浸水だけが原因なのか、疑問が残ります。




↑このページのトップヘ