ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

残念





マイナビニュースの記事より。

JR九州は24日、九州新幹線の車内販売の利用が年々減少傾向にあり、駅構内などでの購入機会が拡大していることを受け、3月15日をもって九州新幹線全列車の車内販売とグリーン車サービスを終了すると発表した。
非常に残念なニュース。
九州入りの際には九州新幹線のグリーン車を利用し、車内販売も利用して来た。
確かにホームの売店の品揃えは充実しているが、一旦乗ってしまってから買い忘れに気付くと、途中で降りて買いに行くのは停車時間の都合もあるので難しい。
コンビニの商品などに比べると割高な事もあるが、席まで届けてくれるサービス料と考えれば無難な価格設定だと思う。
なので私は車内販売を結構な頻度で利用している。
新幹線の車内販売は席に居ながら飲み物やお土産を買える便利さもあるが、最も重宝していたのはご当地でしか買えない品物をラインナップしていることだ。
知らない土地の名物や、他の乗客が購入しているのを見て気になったものを買うことがあった。
新幹線名物のカチコチに凍ったアイスクリームだって、路線によってメーカーが異なり、それぞれの味わいがある。


IMG_5596
【九州新幹線の車内販売アイスクリームは高千穂牧場製】


利用者の低迷というのはわかるが、もっと「ここでしか得られない体験」を前面に押し出せば、回生の手段はあったのではないかと思わなくもない。

併せてグリーン車のサービスも終了するという。
九州新幹線のグリーン車では乗車すると紙おしぼりと飴が配られる。

FullSizeRender
【九州新幹線のグリーン車で配られる飴】


また、車内で出たごみを巡回して回収してくれたり、要望すれば膝掛け毛布を貸してもらえる。
今回のサービス終了では、これらのサービスが廃止され、膝掛け毛布は客室内に常備されるという。
新幹線に乗ったらすぐに寝てしまい、おしぼりや飴は要らないと言う人も多いのだろう。
グリーン車ならではの体験がまた一つ減ってしまうことになった。

なお、これらサービスの廃止は九州新幹線のみで、東海道新幹線は引き続きサービス継続される。


まるた食堂

都城は宮崎県だけあって、ご多分に漏れず鶏料理が名物となっています。
中でもチキン南蛮は有名です。
私も一度ぐらいはチキン南蛮を食べておこうと思い、適当にググりました

勤務先の近くにお店を見つけたので、仕事帰りに寄ってみました。

FullSizeRender
こちらです。
まるた食堂」。
私は全く知らなかったのですが、地元では結構な人気店だそうでランチタイムには1時間待ちもザラとのことです。
この日は仕事が終わってすぐ向かったので、すんなり入店できましたが、店内は混雑していて、少し遅れれば並ばなければいけなかったかも知れません。

店内は綺麗ですが洋食屋のような昔ながらの食堂って感じです。

IMG_5152
定食メニューがやたら豊富なのも食堂って感じです。

FullSizeRender
チキン南蛮定食(950円)を注文。
この店の定番メニューだそうです。

IMG_5158
しばし待って、料理が運ばれてきました。
結構なボリュームです。

FullSizeRender
特製タルタルソースがたっぷり掛かった甘酸っぱいチキン南蛮。
食が進みます。
場所的に車でしか来られないのが残念。
一杯飲みたかった。






レンタカー

今回の都城出張では現地での移動にレンタカーを利用しました。
私はトヨタレンタリースのビジネスメンバーに登録しているので、必然的にトヨタレンタカーとなります。
余談ですがトヨタレンタリースのビジネスメンバーは個人事業主でも会員になれるし、年会費無料で個人会員にはない各種割引サービスが適用されるので一年に数回でもレンタカーを使う可能性のある個人事業主は入っておいて損の無いサービスだと思います。

さて、そんなトヨタレンタカーを使うときに便利なアプリが「NaviCon」です。

FullSizeRender
NaviConはメーカー純正ナビに対応したサポートアプリで、カーナビと連携することで地図の操作や目的地を設定することができます。
特に目的地設定機能は便利で、レンタカーのナビのような、最新の地図を搭載していないカーナビにも検索した目的地情報が転送できるので、使い慣れないカーナビを操作して目的地を探す手間がありません。

それでは使い方を説明します。

先ず、レンタカーを借りたら、スマホをカーナビに接続しましょう。
最近のレンタカーのナビはBluetoothでスマホと接続できるようになっているので、オーディオの設定画面を開いてBluetooth機器としてスマホを接続します。
接続方法は一般的なBluetooth機器と同様に、スマホをBluetooth接続待機状態にしておいて、カーナビに表示されているスマホの名前を選択して、パスコードを入力するだけです。
接続が完了したらスマホの電話帳データをナビに取り込むか訊いてきますので、必要ない場合は「いいえ」を選択しましょう。

スマホをカーナビと繋いでおくと、スマホの中の音楽ファイルなどをカーナビで再生できるし、走行中に電話が掛かってきてもカーナビで受けてハンズフリーで会話できるので非常に便利です。
レンタカーでもスマホのカーナビ連携はやっておいて損はありません。

続いてNaviConを使ってみましょう。
あらかじめアプリをスマホにインストールしておきます。

FullSizeRender
基本的な使い方は検索窓にキーワードを入れると、候補が表示されるので、それを選択します。
画像の例では現在地周辺の道の駅を検索してみました。

FullSizeRender
目的地が見つかったら「カーナビへ送信」をタップします。

FullSizeRender
乗車中でカーナビが稼働していればすぐに目的地情報が転送され、目的地までのルートが検索されます。

乗車中で無くても目的地を探しておくこともできます。
その場合には「目的地送信予約」をタップすると、目的地情報がスマホに記録され、次回車内でアプリを起動したときに目的地情報がカーナビに転送されます。
「目的地送信予約」は複数の目的地を登録することができ、順番を指定することで経由地として使用できます。
これを使えば出発前に自宅やホテルでルートを設定できるので非常に便利です。
旅先での時間は限られているので、余裕のあるときに準備しておくことが出来ます。

NaviConにはGoogle Mapの位置情報を取り込んだり、仲間と居場所を共有する機能もあり、使い方次第でもっと便利に使うことが出来ます。



↑このページのトップヘ