ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

サンスター




NEWSポストセブンの記事より。

たとえば、サンスターといえばハミガキ、ハブラシが有名だが、実はオートバイ用のブレーキ部品でもその名を轟かせている。

発祥が大阪の企業なので関西のユーザーには結構有名な話なのだが、知らない人も多かったみたいで、ツイッターで大きな話題となった。

現在はハミガキを製造するサンスターと、オートバイのブレーキローターやスプロケットを製造するサンスター技研は別会社だが、その源流は同じだ。
楽器のヤマハとヤマハ発動機のようなものか。
因みに、「発祥が大阪の企業」と書いたが、現在はグローバル化の為、サンスターはスイス、サンスター技研はシンガポールを本拠地としていて、大阪は現地法人の一つに過ぎない。

 実は同社は1932年に自転車の金属部品やパンク修理用ゴム糊の製造販売で創業。やがて創業者がゴム糊を入れていた金属チューブに練りハミガキを入れることを思いつき、1946年に「サンスター歯磨」として発売すると瞬く間にヒット。いまやサンスターグループの全世界の売上高約1500億円のうち、オーラルケアは53%を占める主力事業となっている。

一方、源流である金属加工業は1954年に分社化し、後にサンスター技研となる。

「主にブレーキディスクとスプロケットを二輪メーカー向けに販売していて、世界トップクラスのシェアです。新たにレース用ブレーキパッドも販売開始しており、今年の鈴鹿8耐・4耐でも4チームに採用されました」(広報部)




image
【私がTZRで使っているサンスターのスプロケット】







タワシ耳かき




ちょっと前に話題になった「タワシ耳かき」を入手しました。
テレビなどで紹介され、しばらく品薄らしかったのですが、ようやく普通に買えるようになったみたいです。

「タワシ耳かき」は、今までの耳かきとは異なり、ブラシで耳の中を掻き出す耳かきです。
ブラシ部分には老舗タワシメーカーの技術が使われているとの事。

私は普段から耳垢が取れにくく、放っておくと中で固まってしまいます。
たまに耳鼻科で診てもらうのですが、その時は先生が耳の中を覗きながらピンセットでつまみ出すと、中から巨大な耳垢がバリバリと音を立てて剥がれ出てきて大変気まずい思いをします。
決して掃除していないわけではなく、どうやら耳の穴の壁面にへばりついているようで、普通の耳かきでいくら掻いても粉のようなものしか出てきません。

そんなわけで、このタワシ耳かきが救世主となってくれるのか、試してみたいと思います。


FullSizeRender
外装。
ノスタルジックなイラストが描かれています。
この耳かきは耳垢の種類が乾燥している人専用との事。
私の耳垢自体は乾燥しているので、使うことができそうです。


FullSizeRender
箱の裏書。
使用方法は耳に入れてクルクル回して耳垢を絡め取ります。

FullSizeRender
同封の注意書き。
変形させたり、力を入れすぎると耳の中を傷つける恐れがあると書いてあります。
まあ、一般的な耳かきでもそうなので。

FullSizeRender
開封の儀。
大きめの箱ですが、入っているのはこれだけです。

FullSizeRender
ブラシ部分は本物のタワシのようなシュロではなくナイロンで、持ち手も竹ではなくABS樹脂です。

さて、使ってみた感想。

説明書通りにブラシ部分を耳に入れ、軸を回転させながら引き出してみたのですが、粉のような耳垢が少し付着していただけで、根こそぎ取り除く感じではありませんでした。
ブラシの固さもかなり柔らか目で、思っていたより刺激が有りませんでした。
しかし何度もブラシを使っているとヒリヒリしてくる感じがあるので、説明書の通り1分以内の使用に抑えておいたほうが良いかも知れません。

当初思っていたよりもかなりソフトな使い心地で拍子抜けしました。
安全面から、このような仕様になっているのでしょうが、もう少しハードな感触のものも欲しいな。


\つかれた/

四国ツーリングの最終日。

FullSizeRender
宴会の余り物で肉炒飯を作ってくれたので頂きました。

FullSizeRender
朝食のあと、皆さん、それぞれ次の目的地へ出発して行きます。
道中ご安全に。またどこかでお会いしましょう。

私もこの後は帰るだけだったのですが、今までの疲れが蓄積して心が折れてしまい、楽なほうを選ぶことにしました(笑)

FullSizeRender
ジャンボフェリー!

ジャンボフェリーは高松と神戸を結んでいるフェリー。
価格も安いし所要時間も短いのですが、私は普段使っていません。
理由は、時間が合わないことで、特に深夜便は1時出発の5時着です。
睡眠時間がほとんど取れませんし、現地着も早すぎます。
朝からガッツリ仕事やツーリングするなら良いのですが、朝ぐらいはゆっくりしたいのが人情です。
これが、多少遠くても私がオレンジフェリーを使う理由です。

しかし、帰りの便は小豆島経由で5時間かかるとはいえ、神戸着のほうが私にとっては便利なので使ってみることにしました。

IMG_3770
乗船券の発売時間まで待合で待ちます。
ジャンボフェリーではサイドカー付きオートバイは軽自動車扱いとなります。

FullSizeRender
乗船。
船は「りつりん2」。

FullSizeRender
昼食がまだだったので、船内の食堂でオリーブうどん(400円)を食べました。
オリーブオイルとオリーブの実が入っています。
なお、うどんの客室内への持ち込みは禁止です。

FullSizeRender
客室。
座席のシートがうどん柄でした(笑)
高松~神戸は結構な長時間なので、椅子席より座敷席のほうが楽かもしれません。

FullSizeRender
小豆島へ向けて、小島の間を縫うように進みます。

FullSizeRender
小豆島に到着。
以前にも来ましたが、またツーリングしたいところです。

IMG_3791
明石海峡大橋が見えてきました。

IMG_3800
明石海峡大橋をくぐります。
いつもながら壮大な眺めです。

神戸の夜景を撮影したかったのですが、夜間はカーテンが閉まるので叶わず。

初めて乗ったジャンボフェリーはアクセスも良く、快適な船旅が出来ました。
次に小豆島へ行くときはジャンボフェリーで行ってみようかな。


こうして、四国ツーリングを無事終えましたが、最初の準備不足が行程に様々な影響を及ぼしました。
やっぱり準備は大切ですね。
今更ながら痛感しました。



↑このページのトップヘ