ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

いくら風
タピオカ漬け丼
 
日本では今、空前のタピオカブームだそうで。
タピオカミルクティーに始まり、タピオカを使った様々なスイーツや食べ物が開発されて話題になっています。

そんな中、名代富士そばが店舗、期間限定で始めた「いくら風タピオカ漬け丼」が大きな話題になりました。
東京方面に出張する予定があったので、富士そばに立ち寄って食べてみることにしました。

FullSizeRender
「いくら風タピオカ漬け丼」が販売されている「名代富士そば 三光町店」にやって来ました。
この店だけの限定発売。

FullSizeRender
「いくら風タピオカ漬け丼」は麺とのセットメニューしか無いようでした。
券売機で「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット」(560円)の食券を購入。

FullSizeRender
カウンターに食券を出し、少し待って品物を受け取りました。
セットの麺はもりそばにしました。

FullSizeRender
一見いくらに見えますが、よく見ると紛れもなくタピオカです。
粒が小さいためか、タピオカのもちもち感はかなり抑えられています。
しかし、タピオカには変わりないので、食べてもいくらのようなプチプチとした食感はありません。
いくらのように出汁醤油に漬けられていますが、いくら本来の味はせず、タピオカの食感以外はご飯に出汁醤油を掛けて食べているのと大差がありません。
この出汁醤油にいくらのフレーバーでも入っていれば大化けしたかも知れないのに惜しい。

FullSizeRender
実は富士そばには初めて入ったのですが、もりそばが思っていたより旨かったです。

FullSizeRender
いかにも関東風の醤油味の強いタレもなかなかイケます。

私が食べている後ろで店長らしき人が何かの取材を受けていました。
このメニューを注文するお客も多く、人気の程がうかがえます。
「いくら風タピオカ漬け丼」は仕込みに時間が掛かるため、売り切れになってしまうことも有るそうです。

「いくら風タピオカ漬け丼」は9月14日までの期間限定だそうです。

サザエさん展
THE REAL
 
今年でテレビアニメの放送50周年を迎えるサザエさん。
それを記念して開催された特別巡回展「サザエさん展 THE REAL」を見てきました。

FullSizeRender
場所は東京お台場のフジテレビ。
お台場に来るのは実に1年ぶりですが、フジテレビに来たのは初めてです。

IMG_8647
チケットブース。
有料エリアに入るためのチケットを購入します。
チケットは一般1200円で、当日なら何度でも出入り可能。

FullSizeRender
フジテレビ入口の階段に乗り上げたスバルの車。
ペダルの踏み間違いで突っ込んでしまった…訳では無く(笑)、もちろんこれも展示の一環。
昨今の暴走事故が話題になる中、こんな展示方法はイメージダウンになるんじゃ無いかと思うのですが…。

FullSizeRender
FullSizeRender
この時期、毎年フジテレビ前ではイベントがおこなわれていて、今年もアトラクションが多数出展されていたのですが、時間の関係で華麗にスルー(汗)

IMG_8648
専用エレベーターで、会場となる25階の球体展望室、通称「はちたま」へ向かいます。

FullSizeRender
エレベーターを降りると、見覚えのある門構えが。

FullSizeRender
サザエさん一家のパネルが出迎えてくれます。

IMG_8649
通路の両側には年表のパネル展示。

FullSizeRender
1970年、礒野一家、大阪万博へ行く。
サザエさんの暮らしには時代の世相が常に反映されています。

IMG_8650
本展の目玉、リアルサザエさん一家。
「アニメのサザエさん一家が実在したら」をコンセプトに、特殊メークの技術を用いて等身大で再現されています。


サザエさんはマスオさんが忘れた弁当を届けに行くシーンが再現されていますが…。

IMG_8651
いや巨乳過ぎる(笑)

FullSizeRender
ちなみにアニメのサザエさんはこんな感じ。
どう見ても盛り過ぎ(笑)

FullSizeRender
こちらはマスオさんと波平さん。
マスオさんは営業のくせに靴が綺麗すぎる(間違った見方)

表現としては面白いのですが、果たしてこれをリアルを言えるのかどうか。
これは想像ですが、人間に似過ぎると、あるところから嫌悪感を催す、いわゆる「不気味の谷」を回避するため、わざとこんな造形になってるんじゃないかと考えています。

IMG_8603
礒野家の間取りを再現したジオラマ。
東京の住宅地に、こんな大きい平屋の建物、一体いくらになるんだろう(笑)

IMG_8652
声優気分でサザエさんのアフレコが出来るアフレコ体験コーナーは長蛇の列。

IMG_8653
パンケーキを作っていたマスオさんが、裏返そうとしたパンケーキを天井に張り付けてしまう話を元にした「パンケーキダーツ」。


IMG_8654
「カツオのえんがわボーリング」。
ビール瓶のピンを倒すのに成功すると…

IMG_8655
「バッカモーン!」の声と共に波平さんが登場します。

FullSizeRender
おなじみオープニングのアレに入って記念撮影が出来ます。

FullSizeRender
ここでしか手に入らないお土産も充実。

お台場での展示は9月1日までですが、9月4日からの大阪を皮切りに全国で巡回展示されます。
気になる方は是非。





蒜山


今年もインターネットラジオ「ブーバイク」のさぼてんさんが主催するツーリングに参加させてもらいました。
岡山から蒜山高原にジンギスカンを食べに行こうと言うツーリングです。

先日修理が終わったTZRを走らせ、待ち合わせ場所の道の駅「久米の里」へ向かいました。

FullSizeRender
久米の里と言えば、Zガンダムの巨大オブジェがあることで知られています。
地元のファンが製作したと言う1/3スケールのモデルです。

予定時間よりかなり早く着いてしまったのでフードコードで休憩しつつ他の参加者を待つことにしました。

暑かったのでアイスクリーム。

FullSizeRender
普通のバニラソフトクリーム(350円)もあるのですが、様々な味の手作りアイスクリーム(250円)が売られています。

FullSizeRender
今回は「ジャンピー」アイスクリームを選びました。
「ジャンピー」とは地域特産の「ジャンボピーマン」の事で、独特の風味がほのかに香ります。
以前来た時には「ジャンピー」ソフトクリームも有ったのだけど、今は無くなっているみたいです。

そうしている内に続々と参加者が集まり始めました。

定刻になったので出発。
今回、さぼてんさんは退院直後と言うことで自家用車での参加となり、さぼてんさんの先導で蒜山高原に向かいます。

昨年は、普通二輪は私だけで他は全部大型二輪だったせいか、岡山の山道をとんでもないハイペースで走ったのですが、今回は車での先導と言うこともあり、流れる景色を楽しみながらのツーリングとなりました。

FullSizeRender
昨年もやってきたジンギスカン食べ放題の店「ひるぜん大将」に到着。

FullSizeRender
ジンギスカンの店ですが、羊だけでは無く牛や豚、魚介など豊富な食材が用意されています。

FullSizeRender
とにかく肉を食いまくる参加者たち。
現地直行組を含めて10名が参加しました。
皆さんジンギスカンが大好きなのですが、話を聞くと北海道ツーリング中に食べてハマった人が多く居ました。
さすがはバイク乗り。
私も仕事で行った北海道で食べてハマったのが切っ掛けです。


安いのに時間無制限で食べ放題。十分満足なのですが願わくばもやしを置いて欲しい。

ジンギスカンを堪能して、次に向かったのは湯原温泉。

「ブーバイクの聖地」とされる喫茶「サボテン」でクールダウンとコーヒーブレイクを、と考えていたのですが。

FullSizeRender
まさかの休業。
不定休との事で、運悪く当たってしまったようです。


アンティークな小物が並ぶ店内は独特の雰囲気。昭和42年の天皇行幸の際にはコーヒーを献上したそうですよ。


FullSizeRender
足湯で疲れを癒します。
お湯ががなり熱くて肌が真っ赤になってしまいました。

FullSizeRender
しばし周辺を散策するなどして、今日のツーリングはここで解散。
皆さんそれぞれ次の目的地へ出発していきました。

さぼてんさん、皆さん、ありがとうございました。
次の機会もよろしくお願いします。


おまけ。
FullSizeRender
帰宅途中、振動でフロントカウルがもげました(汗)



↑このページのトップヘ