ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

自主回収
 
当ブログで何度か取り上げた“公道走行可能”を謳う電動キックボード「Kintone α GO」。
以前にも記事にしたとおり、昨年の11月に回収、返金が発表されていたが、今年の4月13日になって国土交通省から自主回収の実施が報告された。

参考記事:公道可能”電動キックボード「Kintone α GO」が保安基準不適合で販売停止、返金へ



報告書の記載によると、不具合内容は、
公道走行を可能とした電動キックボードにおいて、開発時の法規確認が不適切なため、保安基準第 61 条(制動装置の基準)に適合しない。そのため、平坦な舗装路面等で確実に保持できない。
となっており、クラウドファンディングで問題になっていた電気ブレーキに起因するものだ。

対象はクラウドファンディングで販売された698台とのことで、先述の通り既に昨年11月から回収がおこなわれているので実質的な問題は起こっていないと思われる。

ここで気になっているのは、不具合の原因を「開発時の法規確認が不適切なため」としているところ。
クラウドファンディングの状況報告や支援者とのやりとりをおこなう活動レポートによると、プロジェクト開始直後から複数の支援者が様々な問題点を指摘しており、この時点で仕様を再確認する時間的余裕は十分にあったはずだ。
開発者が法律に詳しくないのなら、法律や車両の専門家に監修を受ければ良いだけだ。
電動キックボードのメーカーで構成される日本電動モビリティ推進協会(JEMPA)では加盟企業に保安基準について指導をおこなっているようだが、Kintone社は加盟していない。
支援者から早い段階で再三問題点を指摘されながら、今になって「知らなかった」と弁明するのは企業の態度として大きな問題があると言わざるを得ない。
どうしてこんな対応になったのか代表者から詳しく訊いてみたいものだ。

このように法規を確認もせず、電動キックボードに灯火類を付けただけで「保安基準適合」「公道走行可能」を謳うメーカーが後を絶たない。
今回問題になった電気ブレーキは先日発売されたドン・キホーテが取り扱う電動キックボードにも採用されており、メーカーおよびドン・キホーテの対応が注目される。

参考記事:ドンキの”公道走行可能”電動キックボードが再販
参考記事:ドンキの電動キックボード、保安基準不適合で販売停止


鈴木式織機
 
と言えば、今は自動車メーカーとなったスズキが創業時に作っていた織機である事はよく知られています。
浜松のスズキ歴史館にも実機が展示保存されています。

【スズキ歴史館に展示されている鈴木式織機】

スズキは創業100年を記念し、この鈴木式織機で織られた布で製作したグッズを3月から販売開始しました。
その内のひとつがこちらです。
maekake1
【画像:S-MALL

スズキ前掛け!
100年記念商品がまさかの前掛けと言うのもなかなかのセンスですが、この前掛けの本気度を端的に表しているのが、前掛けの着用モデルの人選。
どうか心してご覧下さい。













maekake2
【画像:S-MALL】

maekake3
【画像:S-MALL】

まさかのMotoGPライダー、アレックス・リンス選手とジョアン・ミル選手ではないか!
世界的トップライダーに何やらせてんねん!
本人達もノリノリやし……まさにプロフェッショナル。

maekake4
【画像:S-MALL】

鈴木式織機で織った布と聞いて、最初はスズキ歴史館の収蔵品を稼働させたのかと思ったのですが、現在も鈴木式織機や豊田自動織機が現役で稼働している前掛け専門店が有るそうで(スゲエ)、そことのコラボ商品との事でした。なるほど。

と言うわけで買ってみました。

FullSizeRender
箔押しの箱入り。

FullSizeRender
スズキ純正部品として、正規に部品番号99000−79NM0-088が振られています。
純正部品ですので、このパーツナンバーでバイク屋さんに取り寄せて貰うことも出来ます。

FullSizeRender
紅(朱)白の帯と藍染めが美しい前掛けです。
生地は厚手ながらしなやかな手触り。
サイズ比較用に愛用のスズキ湯呑みを置いてみました。

IMG_5219
ポケットも付いていて実用性も高いものとなっています。
前掛けとしての使い途の他に、アウトドアでの膝掛けとしての用途も提案されています。

FullSizeRender
製造元の縁ing(エニシング)のタグがあります。
愛知県豊橋市の前掛け専門メーカーだそうです。

意外と丈夫そうなのでバイク整備の時のエプロン代わりに使ってみようかと思っています。
最初はジョークグッズかと思ったけど、手に取ってみるとしっかりと真面目に作られた商品でした。

yunomi
【画像:S−MALL】
そう言えば今や聖杯と呼ばれスズキグッズの代名詞となっている湯呑みも、当初は色物扱いされていたんですよね。
それが現在では復刻版ではない当時物の湯呑みはプレミアが付く人気です。
そう考えると、スズキのセンスは10年先を行っているのかも知れません(笑)

FullSizeRender
もちろん私の湯呑みは当時物です(自慢)


語彙力
 
が興奮しすぎてアレなんですが。
ファミリーマートが4月6日からファミチキの限定商品「明太チーズインファミチキ」を発売しました。



ファミチキに辛子明太子とチーズという、みんな大好きな3つを組み合わせて不味いわけが無かろう なヤバイ商品です。
しかも、使用されている辛子明太子は、私が勝手に応援している「かねふく」の商品と来たからには、食べないわけには行きませんよ。

FullSizeRender
そんな訳でファミマへ行って買ってきました。230円。
温かいうちに食べたかったので家に持ち帰らずに店近くの公園で試食します。

FullSizeRender
最初の一口食べてみたところ、思ったより明太子もチーズも入ってないように見えたので、この程度なのかなと思ったのですが。

FullSizeRender
これは気のせいで、中央付近に濃厚チーズと明太子がたっぷり入っていました。
単に中身が偏っていただけだったのかも。

やっぱり明太子とチーズの相性はバッチリで、程よいピリ辛風味も最高です。
チーズを使っているので買ってすぐ温かいうちに食べるか、温め直して食べることをお勧めします。

数量限定販売で、無くなり次第販売終了となるようですが、これを一度の販売で終わらせるのは惜しい。
是非「めんたいパーク」のフードメニューに加えて欲しいと思います。


脳内でエンドレス再生しながら帰路につきました。


↑このページのトップヘ