ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

らくラクはりま




Travel Watchの記事より。

JR西日本はJR神戸線に新たな通勤特急「らくラクはりま」を2019年春から運行することを発表した。

運行区間は姫路駅~大阪駅間で、停車駅は加古川駅、西明石駅、明石駅、神戸駅、三ノ宮駅。姫路駅~大阪駅の所要時間は約1時間。朝の通勤時間帯に姫路駅から大阪駅まで1本、夕方に大阪駅から姫路駅まで1本、平日に運行する。

slide_kuroshio_289_1[1]
らくラクはりま」は特急くろしおにも使われる289系電車を使用し、指定席やグリーン車も用意される。

この運行区間を見ると、尼崎、芦屋に停車しないだけで、現在運行されている新快速とほとんど変わらない。
新快速での大阪~姫路の所要時間は約1時間なので、この区間に平日限定一日一往復の特急を充てる理由がよくわからない。
一日一往復では慢性的な新快速の混雑緩和にはならないだろうし、新快速があるので到着時間のメリットも少ない。
指定席特急料金は1490円、大阪~姫路の乗車券が1490円なので、新幹線よりは安いが微妙な額だ。
なお、指定席についてはJ-WESTカード会員であれば大阪~姫路のチケットレス特急券720円になる割引がある。
私もJ-WEST会員なので機会があれば一度利用してみたいと思う。


肉大好き!





@DIMEの記事より。


「ホットペッパーグルメ外食総研」が毎月実施している「外食市場調査(東名阪夕食)」では、「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店の市場規模」が年々伸びている。
そうなのか。
私は肉大好きなので食事も肉中心。
「さわやか」も「いきなりステーキ」も通い詰めている。
どちらも行列が出来る店なので、人気はあるだろうとは思っていたけど、肉系業態全体が好調なのか。

特に2017年は肉系業態の伸びが非常に大きかったと言える。2017年から2018年にかけての低糖質ブームで、「肉なら食べてOK」という風潮が広がったことや、一人焼肉専門店や食べ放題焼肉店、熟成肉専門店など多様なスタイルの店が登場したことが、肉系外食市場の盛り上がりにつながったと考えられる。
確かに、いきなりステーキみたいな店に女性客が行列しているところを見ると、ずいぶん変わったなと思う。
吉野家やすき家にも女性客が増えているし、文字通り「肉食系」女子が世間に認知されてきたようだ。
元記事によると、特に20代女性では89.9%の人が肉料理派と回答したらしい。
折からの低糖質ブームも追い風となっているようだ。



いきなりステーキは先日空白地帯だった秋田県に1号店をオープンし、全県への出店を達成した。

しかし、ちょっと気になることもある。
いきなりステーキは出店を急ぎすぎているのかオペレーションに問題がある店が多い印象がある。
私が利用しただけでも注文を間違えたのが3回あった他、次の画像のような事があった。

IMG_4671
【注文後30分近く放置】


IMG_4514
【お分かりいただけただろうか】


また、「さわやか」のヒットでレアハンバーグブームが起こり、類似商品を扱う店が多数出店した。
その中には衛生管理に問題のある店があるとして、時々記事になったりしている。

image
【さわやかは厳格に衛生管理されている】


ブームはちょっとしたミスや事故ですぐに沈静化してしまうので、このブームが一過性にならないよう業界全体で育ててほしいと思う。
まあ、私は気にせず通うけどね(笑)




マジだよ


前回のあらすじ。
楽天に出店している販売店で1万1千980円と表示されている商品を買ったところ、1万2千980円請求され、消費者センターに相談し仲裁に入ってもらったが、販売店は「1万1千980円で販売したことはない」と回答しました。しかし、こちらには1万1千980円での販売を示すスクリーンショットがあります。
一体どうなっているのでしょうか??

消費者センターからの問いかけにも販売店は全く応じず同じ回答を繰り返すだけなので、楽天の「お客様ご意見窓口」にこれまでの経緯を報告することにしました。
翌日、楽天から次の回答がありました。
ショップページ内の価格について変更履歴など確認しましたところ、10月10日12時29分までは、ご申告をいただきましたとおり、11,980円での販売価格となっておりました。
しかしながら、10月10日12時29分以降から、現在までは12,980円に設定を変更され、変更が買い物籠に反映されたのが、10月10日 12時44分ごろとなるため、お客様のご申告もショップの回答もどちらも違うことは、言っていない状態でございます。
「違うことは言っていない」って、販売店の言ってることとは全く違うんですが。

先ず、この回答の通りなら実際に価格変更がおこなわれており、「1万1千980円で販売したことはない」と言う販売店の消費者センターへの回答は虚偽だったことになります。
そして、12時44分頃とされる価格変更が反映された時間が、スクリーンショットの12時50分と食い違いが生じます。

このことを楽天に指摘すると、販売店から次の回答が来ました。
楽天経由でご連絡をいただいております件につきまして、 
消費者センター経由でご確認をいただいたとのことでございますが、
恐れ入ります、詳細情報が不明のため、該当の履歴を確認することが出来ません。 
また、ご指摘をいただいております商品の価格に関しましては、
別途楽天株式会社よりご案内を差し上げたとおりでございます。
この回答を消費者センターへ伝えたところ、担当者は大変憤慨しておられました。
天下の消費者センターへ虚偽の回答をしておいて、バレたらしらばっくれるのだから無理もありませんね。

そして、楽天から詳細な調査結果が送られてきました。

※ショップにて変更があり、買い物かごの価格が完全に変わった時間
10月10日12時29分以降から、現在までは12,980円に設定を変更。
→この変更が買い物籠に反映されたのが、10月10日 12時44分ごろ。
※お客様が購入手続きのボタンを押した時間
10月10日 12時46分  「購入手続き」を押下
~この間、何度かお手続きの入力や買い物かごに戻るなど操作あり。~
10月10日 12時54分 「注文の確定」を押下
つきましては、変更と、お客様が購入手続きを押した時間の差は約2分でございますので、
お客様にて購入をするかご検討をいただいている最中に価格が反映され、
その反映は、注文するページをご覧になる前でしたら、変わっていたかと存じますが、
ご覧になってる際中に変更があった状況と存じます。
楽天ではこちらの閲覧履歴の詳細なログが見られるようで「購入手続きをしている間に価格が変更されたのではないか」と言う見解です。
しかし、このログのおかげで逆にこちらの不手際ではないことがはっきりしました。
メールに書かれている「何度かお手続きの入力や買い物かごに戻るなど操作あり」と言うのは、当初PCから発注しようとしていたのを、スマホアプリから発注しないと一部のポイントが付加されない事を思い出して一旦買い物かごをクリアし、スマホアプリから発注し直していたのです。
FullSizeRender
スクリーンショットはこの時のもので、時刻は12時50分。
価格変更は12時44分におこなわれているので、「お客様にて購入をするかご検討をいただいている最中に価格が反映され」たのではないことがログから証明されたのです。

件のスクリーンショットを送付して楽天にこのことを指摘したところ、楽天から次の回答がありました。

ご提供いただいた12時50分の検索結果ページの価格表記状況と実際のご請求金額の差額について、弊社からもお調べいたしましたが、原因は不明のままでございました。

データ更新日時から、ご注文の実際のお手続き中は、
更新後の価格「12980円」であったことは、間違いございませんので、
この度のご注文金額についてご納得いただけない場合は、
ご利用ショップとお話し合いをお願いいたします。
「データ更新日時が更新後の価格になっている」と言われても、実際に画面上の価格が更新されてない訳で、楽天のシステムに何らかの問題があったことは明らかです。
にも関わらず販売店と話し合えとは意味が分かりません。
販売店の対応には疑問がありますが、商品や取引自体には何も問題ないのです。
そのことを指摘すると、楽天から次の回答がありました。
弊社、「楽天あんしんショッピングサービス」にて、補償を検討させていただきたく存じますので、お手数をおかけして申し訳ございませんが、下記の「申請フォーム」URLよりご申請いただきますようお願いいたします。
というわけで、ようやく補償の話になり、「楽天あんしんショッピングサービス」に補償を申請しました。
「楽天あんしんショッピングサービス」は本来商品の欠陥や不達に対応するサービスで、補償申請には商品を専用窓口に返品しないといけないらしいです。
私の場合は商品に問題があったわけではないので差額だけ返金してくれればよかったのですが、楽天の規定で全額返金しか対応しないそうです。
めんどくせえ。

この度、楽天あんしんショッピングサービスにご申請いただきました以下のご注文につきまして、本サービスの対象としてお手続きを進めさせていただきます。

それから3週間ぐらいして、ようやく代金が返金されました。
トラブル発生から解決までひと月半もかかってしまいました。
楽天のシステムに起因する問題だったのですが、販売店が誠意ある対応をしてくれていれば、もう少し早く解決出来たかも知れません。
スクリーンショットを撮っていなければ、自分の見間違いだと思って泣き寝入りしていたかも知れないところでした。
代金は戻ってきましたが色々釈然としません。


↑このページのトップヘ