ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

熱ダレ



四国ツーリングの際、快晴の高速道路を走り続けたせいで、私のウラルは熱ダレを起こして60km/h以上出なくなってしまいました。

その時の油温は120℃近くを指していました。

5月の時点でこれだから、本格的に夏場を迎えると色々大変なのではないかと思い、今から対策を考えることにしました。

ウラルが夏場に弱いことは話に聞いていたので、購入時にディーラーで熱対策について質問したことがありました。
ウラルの純正オプションに大容量のオイルパンがあり、これを着けていくらか改善されるなら装着しようと思っていたのです。

ディーラーの回答は、

「何の役にも立たない」

でした。

ディーラーの見解では、純正オイルポンプの性能が低いため、オイルパンだけ大きくしても意味はないのでお勧めしない、とのこと。

さらに、

「ユーザーの中にはオイルクーラーとか冷却ファンとか着けてる人が居るけど、あれは好きでやってるだけで必要に迫られてやってるわけではない。」

と。

そうは言われても、実際に熱ダレするし

実際に経験すると、何とかしたいと思うのが人情です。
しかし、オイルクーラーとか冷却ファンになってくると大掛かりで、お金もかかるし、すぐにどうこうするわけにもいきません。
何より私、今出張中だし。

なので先人の知恵を拝借し、これで冷却することにします。


ドォォォォォン!!!



はい、アルミ洗濯ばさみ(声:水田わさび)


かつて、空冷エンジンが主流だったころの熱対策の定番。
疑似的にシリンダー表面積を増やして冷却性能を向上?させます。
かつてはパーツショップで本当に冷却用として売られていたこともある伝統の一品。

ではこれで、どの程度の冷却効果が見込めるのか。

洗濯ばさみの表面積は約3cm×1cmが4面なので0.0012(単位:平米)
これをシリンダーに、計40個装着しました。
シリンダーの表面積を1.0と仮定すると、約5%の表面積増加になります。

これがどの程度の放熱量になるのか。

シリンダー表面温度を100℃、外気温を35℃として、こちらの計算式で計算しますと、

洗濯ばさみなし:1919.05(単位:ワット)
洗濯ばさみあり:2011.17(同上)

の、放熱量があることになります。
これは静止大気中の値なので、走行すればさらに放熱量は増えます。


これを装着して奈良~浜松の約200kmを走破しましたが、油温計は110℃を指していたものの、最後まで熱ダレすることはありませんでした。

もっとも、出発前にオイル交換もしたし、整流効果があると言われている純正レッグシールドも装着したので、洗濯ばさみだけの効果とは言い切れないんですけどね。

是非自己責任で効果を確認してみてください(笑)


エンジンを切ると、洗濯ばさみから「チン、チン…」という音がして、放熱を実感できます(笑)
あと40個追加しようかな…。




GT61

インターネットラジオの「ナカヤマバイクラジオ」さん主催の「第2回 GT61」レースが大阪のプラザ坂下でおこなわれ、私はレーサーとして出場しました。


GT61は、主催者側が用意した、ブロックタイヤを履かせたホンダ・トゥデイ(AF61)でダートトラックを走る競技です。
勝敗よりレースの雰囲気を楽しもうという企画。

レースは競艇を模しており、本物の競艇と同じようにレース前に展示航走があったり、スタートは大時計の針がゼロを指すタイミングでスタートラインを通過する「フライング・スタート方式」だったりします。

2回目となる今回は16名のレーサーがエントリーしており、3組に分かれて予選を戦い、上位2名ずつが決勝進出。残りは順位決定戦に進むという流れ。

参加者はナカヤマバイクラジオのリスナーおよび他番組のポッドキャスターが多数。
番組対抗ドリームマッチの様相を呈してきました。



いかに雰囲気を楽しむレースとはいえ、いざレースが始まると、そんなことは言っていられないほど白熱した展開。


私(たど☆あい)は第1回にも出場しており、この時はマシンの不調でポイントをおまけしてもらったおかげで出場12名中7位になれました。


今回はマシンは完璧でしたが、ろくにレース経験もオフロード走行経験も無い私は、他のレーサーさんには全く歯が立たず、予選3位で残念ながら予選落ち。
総合成績は10位となりました。
主催者提供の同じスクーターなのに、どうして皆あんなに速いのか。


優勝は「京葉ガレージ」のキャスター、しんぺーさん。
総合2位は、この前富士山でもお会いしたふらんこ亭ウンチーニさん。
総合3位は「goodspeed」のキャスター、skyjinさん。


レースは白熱しつつも、終始和やかにおこなわれ、参加者の皆さんと親睦を深めました。

ナカヤマバイクラジオさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
第3回も是非参加したいと思います。

微増

当ブログの5月の月間プレビュー数は

847PV

でした。

今月は仕事のほうが忙しく、あまり記事を更新できなかったことも影響しているのかも知れません。
もっとツーリングやキャンプに行きたいんですけどね。


それでもこれだけの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからもガシガシ更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ