ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

車台番号
 
秘密と言うほどでもないんですが(笑)

先日、オンライン・ウラル会(ゆうさん主催)に参加したときに年式の話題になり、参加者のしーちゃんからウラルの車台番号の読み方を教えて貰いました。

ウラルの車台番号はVIN(Vehicle Identification Number)と言う書式で書かれています。
VINは1981年にアメリカで採用され、その後ISO3833で定義されました。
日本ではVINは採用されていませんが、アメリカ市場で販売される日本車にはVINが付与されています。
もちろん、アメリカが主要市場であるウラルも例外ではありません。

VINは17桁の英数字で構成されていて、各桁で用途が決められています。
ざっくり言うと、

  • 製造国
  • メーカー
  • 車両の仕様
  • 年式
  • 製造工場
  • シリアル番号

となっています。
各項目の中身は製造メーカーがある程度自由に決める事ができるので、同じ記号でもメーカー間で意味合いが異なっていることもあります。

ここではウラルのVINの内容について見ていきたいと思います。

例:X8J MH037 * G U 2*****

これは私のウラルのVINです。
途中の空白は説明のためで実際にはありません。
また、*は伏せ字で、実際には英数字が入ります。
以下の説明では英数字の位置は左から数えています。


1〜3桁目・製造国、メーカー

国際製造者識別子(World Manufacturer Identifier)と呼ばれる3桁の記号で製造国とメーカーを識別しています。
1〜2桁目が製造国、3桁目がその国におけるメーカー識別子となります。
上記の例だとX8がロシア、Jがウラルを表しますが、2002年までは旧ソビエト時代のVINが使われていて、XTBとなっています。
この場合だとXTはソ連、Bがウラルを表します。

4〜8桁目・車両属性

4〜8桁目は、9桁目のチェックデジットと合わせて車両記述区分(Vehicle Descriptor Section)となっています。
車両の仕様を識別するものです。
この意味合いはメーカーが自由に付けることが出来るようで、車だとクーペやセダンと言ったボディスタイルやエンジンの排気量などを紐づけているようです。
2003年式以降のウラルではギアアップやCT、パトロールなどの仕様や1WDと2WDの区別はなく、全て「MH037」が振られています。
また、フレーム形状が異なるレトロには「MH036」が振られています。
2002年以前の車両には「3764A」が振られています。

9桁目・チェックデジット

9桁目は17桁のVINが正しいことを示すチェックデジットです。
詳細は省きますが、英字を数字に置き換えた上で所定の計算方法で算出した結果が9桁目と一致していれば、そのVINは正しいと判断されます。

10桁目・年式

10桁目は車両の年式を表す記号です。
VINの義務化は1981年からなので、その前年の1980年を「A」とし、以後「B」「C」「D」と振っています。
ただし、I、O、Q、U、Zと数字の0は使用されませんので、「Y」(2000年)の次は「1」(2001年)です。
記号は「9」(2009年)までで一周し2010年からまた「A」に戻っています。

上記の例では「G」なので2016年式となります。


11桁目・工場記号

11桁目は車両が製造された工場を示す記号です。
これもメーカーによって異なり、工場所在地のイニシャルを入れることが多いようですが、工場が一つしか無いメーカーでは「0」や「1」が使われることもあります。

上記の例では「U」となっています。
ウラルの工場はロシアのイルビトにあるので普通なら「I」(アイ)になりそうですが、VINでは「I」が使用できないのでウラルの「U」になったのだと思います。
2002年以前の車両には「1」が振られています。

12〜17桁目・シリアル番号

12桁目以降はいわゆるシリアル番号です。
ウラルの場合は「2」から始まる6桁の番号が振られています。

VINから分かるウラルのひみつ

VINの読み方が分かったので、ちょっと興味本位で海外の中古車オークションサイトなどから各年式のウラルのVINを集めてみたところ、興味深いことが分かりました。

URAL_VIN
【ウラルのVINリスト(一部)】


謎の車両を発見

データは主にアメリカ市場のものなのですが、フランスで販売されたと思われる2004年式Ranger(ギアアップに相当)のVINは属性コードが「M8103」となっていました。
また工場記号も「0」になっていました。
製造者識別子は「X8J」なのでウラルの車両のはずなんですが、2011年以前の車両はウラルUSAのデータベースで仕様を調べることが出来ないので詳細が分かりませんでした。

ウラルの生産台数は年間千台?

シリアル番号については、1990年代の旧ソビエト時代のVINから連番で振られているようです。
年式とシリアル番号の増加を比較してみると、ウラルの生産台数は年間千台程度ではないかと推測します。
ただし2002年から2003年にかけては一気に2000番の差があり、2003年にVINが変更されていることも考えると、一旦シリアル番号がリセットされた可能性があります。
また、2016年式は少なくとも1100台は生産された、大ヒットの年だったようです。

思いつきで調べ始めたのですが、興味は尽きません。

RED EDITION
 

話は3月に遡ります。
客先に入り込んでの仕事が決まったのですが、その会社はセキュリティに厳しく、スマホや通信機器を現場に持ち込むことが出来ません。
スマホは控え室に置いておけば良いのですが、問題はパソコンです。
私が業務で使用しているVAIO A12は、タブレットとしても運用できる2in1PCです。
その特徴として、画面部分を分離させてタブレットとし、取り外したキーボード部分はそのまま無線キーボードとして使うことが出来るのです。
レイアウトフリーで使うことが出来るので重宝しているのですが、これがここに来て問題となりました。
その会社の規定では無線機器も通信機器とみなされるため、キーボードやマウスは有線のものしか持ち込めないのです。
すなわち使用不可。
現在、手元には上記の条件を満たすパソコンは古いLet's note CF-B10しかありません。
SSDに換装して何とか実用的に運用できるようにはしていますが、32bitOSなのでメモリは4GBしか認識されないし、何よりバッテリーが1時間弱しか保ちません。
さすがにこれでは心許ないので、急遽現場用のパソコンを購入することにしました。
私はいつも業務用PCはBTOで組むのですが、新型コロナウイルスの影響により、PCのパーツが入手困難になっているらしく、納期が掛かったり、受注を停止していたりと思うように行きません。
しかたなく3月の仕事はLet's noteで乗り切りましたが、この先については先手を打っておくことにしました。

様々な候補の中からVAIO SX14を選定しました。
14インチながら12インチのA12とほぼ変わらない大きさで、重さも1kg程度。
以前、VAIO A12を購入して品質も良かったので、その点も安心です。
しかし価格が高い。
欲しいスペックを組むと予算を軽くオーバーしてしまいます。
丁度「新生活応援セール」をやっていて割引があるものの、それでも足りませんでした。
仕方が無いのでスペックを落とすことにし、何とか予算内に収めました。

購入するに当たって、楽天リーベイツを経由することを忘れていたので、楽天リーベイツのサイトからVAIOの紹介ページへ移動しました。

FullSizeRender
当時のポイントバックは4%。
パソコンの様な高額商品だとかなりの還元です。

FullSizeRender
そして、うっかり見落としそうなところにクーポン提供中との記載が。
※現在クーポンの配布は終了しています。

最初は4%バックのクーポンかと思ったのですが。

楽天リーベイツのボタンからVAIOストアに行き、商品を選んでクーポンコードを入力したところ、
「クーポン値引き −30000円」の文字が。
何と、このクーポンは4%バックとは別の、3万円引きのクーポンだったのです。
そんな事、どこにも書いてなかったのに。
3万円も値引いてくれるなら何も無理にスペックを下げなくても良くなります。
そこで購入を一旦キャンセルし、再び選定をやり直しました。

それから3週間後。
やはり新型コロナウイルスの影響なのか、A12の時よりは多少時間が掛かりましたが、遂にやって来ました!

IMG_1389
VAIO SX14 RED EDITIONです。

限定モデルの赤は本当に綺麗で、ちょっと使うのが気恥ずかしいですが(笑)

FullSizeRender
14インチながら4K解像度のディスプレイを搭載しています。
Windows10により文字サイズやウインドウサイズは自動調整されるのですが、古いアプリケーションではこれに対応していないものも有るみたいで、たまに文字が小さく表示されたりレイアウトが崩れたりするものがありました。
そんな場合はその時だけHD解像度に設定を変更すれば問題なく使用することが出来ました。

キーボードはALL BLACK EDITIONと同様の隠し刻印キーボードを選定しました。
隠し刻印を選定するとキーボードバックライトが使えなくなるので、暗いところで使用する可能性のある場合は注意が必要ですが、実際使ってみると画面の明るさだけでも結構使えます。

こんなに綺麗なパソコンを現場ぶん投げ用PCにするのは釈然としないのですが、これもストレスのない生活を送る為には仕方有りません。
お仕事頑張ろう(笑)


MESH2.0
 
SENAインターコムの新しい規格「MESH 2.0」
従来のMESH 1.0を拡張し、オープンチャンネルで通信できるユーザー数は無制限、グループチャンネルでも24人までのユーザーをサポートする他、接続の安定性も飛躍的に向上しているそうです。

mesh20up1
MESH2.0は新製品の50Sと50Rに搭載されている機能ですが、5月1日のファームウェアのアップデートにより私が使っている30Kにも対応したので、早速新しいファームウェアを適用してみました。

ファームウェアをアップデートするために「SENA Bluetooth Device Manager」を起動します。

sbdm401up1
ファームウェアをアップデートする場合、私の環境では「管理者として実行」する必要がありました。

sbdm401up2
ファームウェアをアップデートする前に「SENA Bluetooth Device Manager」をバージョンアップしました。
バージョン4からは新機種の50Sと50Rにも対応しているそうです。

sbdm401up3
インストーラーが起動します。

sbdm401up4
インストール先を聞いてきますがデフォルトのままにしました。
バージョン4.0.1になるようです。

sbdm401up5
旧バージョンを削除するか聞かれますので「はい」を選択しました。

sbdm401up6
旧バージョンが削除されました。

sbdm401up7
新バージョンのインストール中に、インターコムと接続するためのドライバーの更新がおこなわれます。
30Kの場合はインターコムの電源をオフしてUSBケーブルでPCと接続します。

sbdm401up8
インターコムが認識されました。

sbdm401up9
デバイスドライバのインストールが完了しました。

sena30kfw301up1
「SENA Bluetooth Device Manager」が起動しました。

sena30kfw301up2
インターコムを接続するように指示されますが、先程繋いだままにしておいたので、そのまま次に進みます。

sena30kfw301up3
新しいファームウェアをダウンロードします。
バージョンは3.0.1になるようです。

sena30kfw301up4
ダウンロードしたファームウェアの保存先を指定しますが、これもデフォルトのままにしました。

sena30kfw301up5
ファームウェアのダウンロードが完了したらバージョンアップが始まります。

sena30kfw301up6
無事成功したようです。

sena30kfw301up7
ファームウェアはバージョンアップしましたが、設定項目は変わっていないようです。

mesh20up2
このアップデートにより30Kは50Sと同等のMESH2.0機能をサポートするようになりました。
50Sと50Rはこれに加えて、従来は英語のみだったボイスコマンドが日本語などにも対応したのと、音声アシスタント(Siriなど)のボイスコマンドによる呼び出しに対応したようです。
これについては従来の30Kでもボタン操作による音声アシスタントの呼び出しは出来ましたし、ボイスコマンドはそもそも使っていなかったので、無くても特別困らないと思います。
しかしながら50SのBluetooth5.0に対応した通信性能と高音質になったと言うスピーカーシステムはちょっと興味がありますね。

肝心のアップデート後の使い勝手なのですが、私はMESH対応のインターコムを他に持っておらず、周りにも使っている人が居ないので確認のしようがありません(汗)
ただ、MESH2.0ネットワークに参加しようとしたとき、従来のファームウェアではMESH2.0のオープンネットワークにしか対応できないようなので、今後に備えてアップデートはしておいて損はないと思います。




↑このページのトップヘ