ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

画業30周年記念

出張が一日早く終わったので、漫画家の椎名高志先生の画業30周年記念原画展に行ってみることにしました。


FullSizeRender
池袋マルイに来ました。

FullSizeRender
会場は池袋マルイのイベントスペースです。
入場料は500円。



会場内の展示物は一部を除き撮影OKとの事。
実は以前大阪でおこなわれたデビュー20周年記念原画展にも行ったのですが、その時は展示物のほとんどが撮影禁止でした。

FullSizeRender
この池袋会場では、スマホのARアプリを使って声優さんの音声ガイドを聞くことが出来るのですが、このアプリが酷い代物で、とにかく落ちまくるしレスポンスは悪いしで使い勝手は最悪でした。
音声ガイドを一通り聞くために会場を何周もする羽目に。

FullSizeRender
展示はデビューから現在までの貴重な原画で構成されています。
撮影OKとは言え、これから見る人も居るでしょうから詳細は伏せます。

FullSizeRender
「GS美神 極楽大作戦!!」は椎名先生の代表作。
私もコミックス全巻持ってます。

FullSizeRender
展示でも大きなスペースを割いて紹介されています。
あれっ?ルシオラが居ない…。

FullSizeRender
この頃はデジタル作画では無かったので、生々しい筆のタッチを目の当たりにすることが出来ます。

GS美神極楽大作戦!! 01 (少年サンデーコミックスワイド版)
椎名 高志
小学館
売り上げランキング: 265,907



FullSizeRender
「ウルトラマンネクサス」のコミカライズも。

FullSizeRender
コミカライズは単行本が出ないことが多いので、当時の掲載誌を全部持っています(笑)
連載から10年後にまさかの単行本になりました。

ウルトラマンネクサス (少年サンデーコミックス)
椎名 高志 円谷プロダクション
小学館 (2015-05-18)
売り上げランキング: 32,634






FullSizeRender
現在も連載中の「絶対可憐チルドレン」。
FullSizeRender
当然ながら展示の多くを占めています。
FullSizeRender
音声ガイドでは声優さんによるミニドラマを聴くことが出来ます。

この他にも貴重な原画が多数展示されており、ファンなら一見の価値ありです。

FullSizeRender
物販コーナーには今回のイベント限定の商品が並んでいましたが、めぼしいものは既に売り切れの状態。
なお、物販コーナーは原画展に入場しなくても利用できます。

池袋での原画展は5月19日までですが、5月25日から大阪でも開催されます。
ただし残念ながら大阪では音声ガイドはおこなわれないそうです。


50円焼き鳥
 

出張予定が1日早く終わってしまい、この日が最終日となりました。
業務終了後に一人打ち上げ。

FullSizeRender
「50えん焼きとり」の看板の居酒屋を見つけて入ってみました。

ここ、「きんちゃん家」(きんちゃんち)千葉店は、船橋に本店がある居酒屋の支店なのですが、何故か公式サイトには記載がありません。

FullSizeRender
生ビール(480円+税)と、サービスのキャベツ。
生ビールは私の好きなサッポロ。
キャベツはおかわり自由。

FullSizeRender
何と10円(+税)、限定30食の「激安日本一」と言う日替わりメニュー。
この日は「とろたく」(たたいたトロに刻んだたくあんを混ぜたもの)。

FullSizeRender
刺身3種盛り(790円+税)。
まぐろは生で、とても美味しかったです。

FullSizeRender
焼き鳥6本盛り(300円+税)。
1本50円でも味は遜色ありません。
勝利の予感(笑)

FullSizeRender
最近見かけるようになったガリチュウ(450円+税)。
もうちょっとガリが多いほうが好み。

FullSizeRender
フレンチトースト(380円+税)があったので食べてみました。
ちょっと卵液への漬け込み時間が足らないかなー。

総じてリーズナブルで、仕事帰りにちょっと立ち寄るには良いところだと思います。
メニューは豊富ですが、食事よりは50円焼き鳥を食べながら酒を飲むスタイルが合ってると思いました。

ゆで太郎
 
仕事仲間が行きたいというので同行しました。
先日の一蘭に続いて、またもや千葉とはあんまり関係ないチェーン店(笑)
しかし、全国に店がある一蘭と違って、ゆで太郎は関西にはありません。
名古屋以東に来なければ食べられない(注:福岡にもあります)ので、関西にも隠れゆで太郎ファンは多いのです。
とは言え、私もゆで太郎を利用するのは今回が初めてなので、一体どんな店なのか、ちょっと興味あり。

FullSizeRender
この店はベイフロント蘇我というショッピングモールの敷地内にあります。

FullSizeRender
食券制で、定食メニューとかも豊富なのだけど、私は完全に蕎麦を食う気になっていたので蕎麦2枚盛りと単品で天ぷらを。
よく蕎麦屋にある天ざるとかがメニューに無いのが意外でした。

FullSizeRender
2枚盛り(470円)と海老天(150円)、舞茸天(100円)。
2枚盛りにはそばつゆが2つ着いてくるようです。

そばつゆは関東風の黒いつゆ。
よく、関東風と関西風のつゆの違いみたいなのが言われるけど、関西人の私ですが関東風のつゆはアリだと思っています。
蕎麦はちょっと細めの二八蕎麦っぽい見た目で、毎日店内で製麺しているそうです。
蕎麦の香りが薄いのは製麺から時間が経っているからでしょうか。
チェーン店のこの値段の蕎麦に対して言うことでは無いのかもですが。
あと、そば湯はカウンター前にポットに入って置かれており、自由に注いで飲むことが出来ます。
そば湯はちょっと薄めだったのですが、そば湯の濃さについては来店時間や客数によっても変わる場合があるので、今回はそうだったのだろうと思うことにします(汗)

色々気になるところはあったけど、手軽に蕎麦を食べられるのは良いですね。

↑このページのトップヘ