ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

凍結






ヤマハ発動機は12月11日、2030年を見据えた長期ビジョンならびに2019年からの3ヵ年における新中期経営計画を策定し発表した。





この中で、ヤマハは2013年に四輪自動車への参入を発表し研究開発を続けてきたが、採算が見込めないとして今回の参入を凍結すると日高祥博社長が発表した。
英国を拠点とする開発チームも解散したという。

日高社長は「他社と差別化した技術で参入することを検討してきた。普通乗用車の領域に事業として進んでいくことは、いったん凍結するという判断になったが、新しいモビリティの開発は引き続き行っていきたい」と述べました。

NHKニュースを始め報道各社は今回の参入を「断念」と表現しているが、日高社長の発言は「凍結」であることに留意されたい。

今回の参入凍結は新しい構造の車体の量産に対する技術的な課題が解決できない事と、販売先の検討などをおこなった結果、採算を取るのが難しいとの結論になったらしい。
今後はパーソナルモビリティやロボティクス分野に注力していくとしている。

そもそもヤマハ発動機はトヨタ自動車と共同で四輪自動車を開発した実績があるし、RV車は既に市場投入している。

今回の参入凍結は新構造の車体の市場投入が出来なかった為であり、四輪事業からの撤退を意味するものではないと思う。
技術的課題が解決されるか、新たなアプローチが見つかれば、また乗用車への参入の話が出てくるかも知れない。

一方で、ガソリンエンジン車は2040年頃には世界的に販売禁止となる見込みで、今から新規参入してもあまりメリットは無さそうに思う。
それならば、「ラストワンマイル」のパーソナルモビリティや、自動運転や「倒れないバイク」のようなロボティクス分野に注力するほうが将来的に有利になるのではないか。

上記の発表を受けて、ヤマハ発動機の株価は連日大幅上昇しており、株主にも評価されいるようだ。


電動化





レスポンスの記事より。

2040年頃とされるガソリンエンジン車の販売禁止を踏まえて、車やバイクの電動化の話がよく聞かれるようになってきた。

先日記事にした、ハーレーダビッドソンの電動バイク「ライブワイヤー」は2020年発売予定だし、ウラルの電動サイドカーのコンセプトモデルにも大きな反響があったらしい。
これらは新型として開発されるものだが、現在のオーナーに向けた取り組みもおこなわれいてる。

アストンマーティンは、「カセット方式」と呼ぶEVパワートレインを開発した。これは、ラピードEのノウハウを応用したもので、オリジナルのエンジンやトランスミッションの場所に、モーターやバッテリーなどのEVパワートレインを搭載する。オーナーが希望すれば、元のパワートレインに戻すことができるという。
元記事によると、既存のエンジンやトランスミッションをそっくりEVシステムに置き換えることで、従来の愛車をそのまま乗り続けることが出来るソリューションだ。
旧車に高い税金を掛けて乗り換えを促すような自動車後進国の島国とは違い、車文化を大切にする自動車先進国のヨーロッパらしい考え方だ。

実はバイクにも同様のソリューションがある。
こちらはまだ参考出品だが、50ccエンジンを後付けで電動化するキットをミツバサンコーワがモーターサイクルショーに出展していた。

image

【ミツバサンコーワのバイク電動化キット】

やはり愛車に長く乗りたいと思う人は多いし、このようなソリューションは色んな形で数多く出てくるのでは無いだろうか。



検討中です






最近、個人用とは別に仕事で使うモバイル回線を契約しようと考えていて、「格安SIM」と呼ばれるMVNO回線を調べたりしています。

格安SIMを使うのはこれが初めてでは無く、最初に中国で買ったiPhone 3GSはb-mobile SIMで運用していました。
このiPhoneは北京の中関村という日本の秋葉原みたいな電気街で買った物で、最初から脱獄してありSIMフリー化されているヤバイ代物でした。
しばらくは快適に使えていましたが、うっかりOSをアップデートしてしまいSIMロックが復活し使えなくなってしまいました。
このiPhoneはキャリア(通信会社)がイギリスのO2のもので、キャリアに代金を払えばSIMフリー化出来ることが分かったので、代行業者に依頼して正式にSIMフリー化してもらい、楽天のSIMを入れてしばらく使っていました。
私がSIMフリー端末にこだわるのは、仕事で海外で使用することが多い為です。
当時の日本のキャリアではSIMロック解除は出来ず、契約したキャリアの海外ローミングサービスを使うしか有りませんでした。
一週間程度の観光旅行ならそれで充分かもですが、数ヶ月も滞在するとなると、現地のSIMを使わなければ通信費が大変なことになってしまいます。
現在ではキャリアに申請すればSIMロック解除してもらえますが、これにも条件があり、ドコモの場合では契約から100日以上経っていないと受け付けてもらえません。
前回の台湾出張時、私のiPhoneは購入から3ヶ月しか経っておらず、この条件の為SIMロック解除はしてもらえませんでした。

丁度格安SIMを調べていたときに@DIMEがこんな記事を出していたので読んでみました。

格安SIMのデメリットとして、速度が遅いことが挙げられています。
これは私も経験があり、ドコモのSIMの入った端末と楽天のSIMが入った端末を同時に使った場合、元のキャリアはどちらもドコモなのに、楽天のSIMのほうが明らかに遅かったです。
遅いと言っても実用上は全く問題ないのですが、MVNO回線のほうは何らかの制限が掛かっていることが普通です。

また、データ通信専用SIMの中にはSMSに対応していないものがあり、SMSで承認番号を送ってくるタイプのサービスが使えなかったりします。
元記事ではMVNOではLINEのID検索が使えないと書いていますね。
私の場合はデータ通信がほとんどなのでLINEが使えなくても困らないのですが、そんな制限があることは頭の隅に置いておく必要があります。

あと、仕事柄田舎に行くことが多いので、キャリアはドコモを選んでいます。
やはり僻地に強いのがメリットです。
山の中や離島で繋がるのはドコモだけという状況を何度も目にしました。
トラブルに強いのも利点です。
先日、ソフトバンクが大規模な通信障害を起こしましたが、交換機が1社のものを使っていて、それが一斉に不具合を起こしたと言うことでした。
ドコモは3社ぐらいの交換機を混ぜて使っている「マルチベンダー」なので、どこか1社が不具合を出しても大規模な障害にはならないようになっているそうです。

海外では現地SIMを使います。
最近は海外旅行者向けに現地SIMが格安で手に入るので助かります。

例えばこちらは日本を含むアジア14カ国で8日間使えるデータSIMです。
一日当たり200円弱。
これがキャリアの海外ローミングだと1000円ぐらいしますから、海外によく行く人はSIMフリー化はしておいて損は無いです。




↑このページのトップヘ