ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

これはひどい






ニューズウィーク日本版の記事より。


インスタグラムのユーザーの中にはインフルエンサーと呼ばれる、多くのフォロワーを持つ人たちが居る。
彼らは著名なリゾートに出掛けて行っては、そこでの滞在中の画像をインスタグラムに投稿する。
そして、その投稿にはフォロワーからの「いいね」がたくさん付けられる。

ところで、インフルエンサーと呼ばれる人たちがその費用をどう工面しているのか、疑問に思ったことはないだろうか?彼らのほとんどは、自分で負担しているわけではない。SNSで紹介する見返りとして、高級ホテルにタダで滞在しているのだ。

まあ、日本でもこの手の話はよく聞くし、「提灯記事」と言って取材対象の意向を反映した記事を載せて見返りを得ることが昔から行われてきた。
ある意味アフィリエイトとかも同様だ。

しかし、インスタグラムのユーザーならわかるかも知れないが、フォロワーが「いいね」を付けるのはフォロー対象の画像にあるライフスタイルや視点に興味があるからであって、写真に写っているホテルやリゾート地に興味があることはまれだ。
もし特定のホテルやリゾート値に興味があるなら、そのリゾート地の公式インスタグラムをフォローすれば良く、インフルエンサーをフォローする意味はない。

にも拘わらず、最近はそうした勘違いインフルエンサーによってリゾート側に見返りを要求する事例が後を絶たないのだと言う。

オーストラリアのニュースサイト「news.com.au」によると、モルディブの5つ星リゾートで働くケイト・ジョーンズの元には、こんな問い合わせがくるらしい。「インスタに2投稿するから、10泊させて。それで『2000いいね』がつくはずよ」。さらに最近では、フェイスブックを利用しているだけで自分がインフルエンサーだと名乗る人もいるらしい。「私はフェイスブックで友達が600人いる。インフルエンサーだから、7泊させてほしい」と言うそうだ。

よほどのセレブかハリウッド・スターならともかく、インスタグラムのインフルエンサーが訪れたからと言って、自分もそのリゾートを利用しようと思う人が果たしてどれほど居るのだろうか。

「宣伝するからタダで利用させろ」と言うのは一見お互いにメリットがありそうに思うが、実際は「宣伝される側」のメリットはほぼ無い。
上記の理由もあるし、もし効果が有っても、それは一過性だからだ。
宣伝してくれるなら公式インスタグラムをSNSで拡散してくれるほうがよっぽど効果がある。

そりゃ、中にはそうした集客を期待してインフルエンサーを優遇するところもあるのか知らないが、全てのリゾートがインフルエンサーに対して同様の待遇を与えるかと言えば、それは思い上がりだろう。

そう言えば日本でも最近似たようなことがあったなあ。

ちなみに当ブログではその手の提灯記事はやってないし、そもそもそんな依頼が来るほどのプレビュー数稼いでない(笑)
旅先で良くない待遇を受けたところは、そもそも記事にしないことにしている。
だって、店の悪口や愚痴を延々と読まされても面白くないじゃん?
なので、当ブログに載っている店や観光地などは、どちらもわりとお勧めです(笑)

出るぞ






ITmedia ビジネスオンラインの記事より。

 ホンダは6月28日、原付二種の二輪車「スーパーカブC125」を9月14日に発売すると発表した。スーパーカブのデザインを受け継ぎながら、より上質に仕立てたパーソナルコミューターになっている。価格は39万9600円(税込)。

遂にスーパーカブC125が発売される。
スーパーカブ発売60年の節目に合わせて、初代C100をイメージさせるカラーとスタイリングをまといつつも、LEDライトやスマートキーを採用する豪華仕様。
メッキパーツやアルミキャストホイール、フロントディスクブレーキも採用し、質感の高さも感じられる。
新世代のスーパーカブにふさわしい出来栄えだと思う。

FullSizeRender
私はこれをモーターサイクルショーで見て、とても欲しいと思ったし、発売されたら買おうと思っていた。
ところが、跨り車に跨ってみると、違和感と言うか、コレジャナイ感が強く感じられた。
私はスーパーカブは優れたコミューターであると同時に、道を選ばないオフローダーに近い存在だと思っている。
もちろん、スーパーカブはオフロードを走ることを想定したバイクではないし、そんな性能もない。
ただ、細い路地や多少の悪路でも気軽に突入して、ダメだったら引き返せばいいや、みたいな気楽さがあった。
しかし、この豪華なスーパーカブはそれを許すのだろうか。
世の中には100万超えるバイクを平気でぶん投げる人たちも居るから考え方は人それぞれだが、約40万円と言う車両価格と、それに採用されているパーツ類は気軽に交換できるものなんだろうか。
そんなことを思ったとき、私のコミューター選びは振出しに戻ってしまった。

紆余曲折有って、今はビーノに乗っているが、このスーパーカブC125は今も欲しいバイクの一つだ。
街なかを走っている姿を早く見たい。





どうなる?





日刊工業新聞電子版の記事より。


 トランプ米大統領は、ハーレーダビッドソンが新たな貿易関税を一部生産の国外シフトという既存計画の口実に使っているとして同社を非難。ハーレーが一部工場を海外に移転した場合、米国に輸入されるバイクに「大幅な税金」をかけると警告した。

これは、トランプ大統領の鉄鋼関税に対する欧州の報復措置発動に対応するため、ハーレー・ダビッドソン(HD)が一部生産を米国外に移転することを示唆したことに対する発言だ。

生産施設の海外移転は今に始まったことではないし、日本メーカーでも既にタイやインドネシア、中国で生産したオートバイを輸入して国内供給している。

トランプ大統領が気に入らなかったのは、工場設備のタイへの移管は貿易政策が発動する以前から決まっていたことで、「関税・貿易戦争を言い訳に使っている」とHD社を非難している。

一方で、
ハーレーのマット・レバティッチ最高経営責任者(CEO)は4月、タイの工場について、トランプ大統領が昨年に環太平洋連携協定(TPP)を離脱したことを受けて同社が採用した「プランB」だと述べていた。同CEOはこれを望んでいたわけではなく、主要市場へのアクセスを維持する上で必要だったと話していた。
とのことで、競争力維持の為だとしている。

トランプ大統領にしてみれば、せっかく関税政策で国内生産、国内需要を掘り起こそうとしているのに、アメリカを代表する企業の一つであるHDが海外移転してしまったら、また失業者が増えるしイメージダウンにもなるので警戒しているのだろう。

HDは一時期、日本メーカーなどに押されて売り上げが低迷したが、オートバイという「製品」を売るのではなく「HDに乗るライフスタイル」を売る戦略で成功し盛り返した。
同様の戦略はドゥカティやBMWも採用している。

「ライフスタイル」を買っているユーザーにしてみれば、生産工場の海外移転は少なからず影響があるかも知れないが、移転は一部車種とのことなので、主要車種の米国生産は継続するだろう。
もしくは海外生産専用の小排気量モデルでも開発するのだろうか。
同様にインドで生産しているBMWのG310シリーズは好評なので、上手く当たれば新たなユーザーを獲得できるのではないか。





↑このページのトップヘ