ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

ビーノガチャ


6月から発売が予告されていたビーノのカプセルトイ。



発売開始からも探し続けていたのですが、私の近所で置いているところを見つけられずにいました。
6月も上旬を過ぎて、半ば諦めムードだったのですが。


FullSizeRender
何と、普段は利用しないドラッグストアの店先に置いてありました。
もっとメジャーどころばかり探していたのに(汗)
1回400円は結構強気なお値段。

ビーノのカプセルトイは色違いで全5種。
狙いはもちろん自らも所有しているパールシアンのみ。
コンプリートは考えていません。


FullSizeRender
回すこと6回目で、ようやく目的の品をゲット。
2400円の投資です。

FullSizeRender
帰宅してからカプセルを開けました。
内訳は本体、デカール、取説。
ちなみにカプセルの色は本体の色と合わせてある仕様。

FullSizeRender
デカールはヤマハエンブレム2枚(予備1枚)と、点灯と消灯の2種類を表現できるヘッドライト用各1枚。



FullSizeRender
スケールは1/32で、このスケールにしては、かなり精巧な作り。

FullSizeRender
パールシアンカラー専用シート後ろのカラーリングも再現されていました。

FullSizeRender
メーター部分。

FullSizeRender
前後車輪は回るようになっているのですが、後輪はマッドガードと干渉して回りにくくなっていました。

FullSizeRender
エンジンや下回りも細かく再現されています。

FullSizeRender
フロント周りも精巧に再現され、ハンドルも切れるのですが、この時何となく違和感を感じて、よく見てみると…


FullSizeRender
何と、エンブレムの印刷が上下逆でした(汗)

FullSizeRender
デカールの説明に、わざわざ「※向きに注意」と注意書きされていたのは、このせいだったのでしょうか。
それにしてもヤマハ発動機が監修しているはずなのに、こんな初歩的なミスを見逃すとは…。


FullSizeRender
以前紹介した「充電させてもらえませんか?」仕様のe-Vinoトミカと比較してみると、トミカのほうがふたまわりぐらい大きいようです。

大変よく出来ているビーノのカプセルトイですが、現行のAY02ではなく旧モデルのSA59Jを選んだのは全くの謎ですね(笑)







マスク

と言ってもアベノマスクではありません。

コロナウイルス騒動がピークだった4月下旬、アメリカの装備品メーカー「S.O.Tech」が米国の警察や政府機関などの前線で活動する人向けに再使用可能な布マスクを発売しました。
S.O.Techは米軍や警察などへ装備品を納入しているメーカーです。
布マスクもロサンゼルス警察へ7500枚を納入した実績があるそうです。
余談ですがS.O.Techは退役軍人の支援活動をおこなっており、退役軍人によって製作されたテディベア「Battle Bear」で知られています。

マスクは政府機関向けですが一般でも購入することが出来ます。
ただし、政府機関へ優先出荷するため、一般購入者への発送はいつになるか判らない、そうです。

興味があったのと、花粉症対策用に買い溜めしておいたマスクも残り少なくなり、必要に迫られたので取り敢えず発注しておきました。

FullSizeRender
それから一ヶ月以上経って、ようやく手元に届きました。

FullSizeRender
3枚入りで22.5$と結構なお値段。(画像は1枚)
日本からの購入には更に国際送料が加算されます。

FullSizeRender
もちろんアメリカ製。

FullSizeRender
生地は6.5oz、100%コットンのリップストップ生地が使われています。
ストラップは長時間の連続使用に対応したオーバーヘッドタイプ。
頭のサイズに合わせてストラップの長さを調整できるようになっています。
鼻当ての部分には柔らかい金属(アルミまたは真ちゅう)の芯が入っていて隙間が出来にくくなっています。

FullSizeRender
マスク1枚につき4枚の不織布インナーライナーが付属しています。
インナーライナーは洗濯して再利用可能。
インナーライナーは毎日取り替えることが推奨されています。

スペック上は必要十分なマスクなのですが、普段マスクを使用する文化が無いアメリカの製品だからなのか、あるいは急造のためなのか、実際に使用してみると色々と気になるところが出てきました。

FullSizeRender
付属のインナーライナーはマスクのポケットと微妙にサイズが異なっていて、スッキリと収めることが出来ません。
ポケットの入口がマスクの中央にあるのも使い勝手を悪くしています。
日本製の同等品ではライナーを上か横のポケットから挿入するタイプが多いようです。

マスクの生地は丈夫で繰り返しの洗濯にも耐えますが、その分厚みがあり、これから気温が高くなってくると暑苦しくなりそうです。

コロナウイルス騒動の時点では布マスクを販売していたところは少ない上に品薄で、オーバーヘッドタイプとなると非常に限られていたのですが、現在は日本国内のメーカーから優れた製品が次々と発売されていますので、特別な理由が無い限りわざわざアメリカから取り寄せるほどでは無いかも知れません。
人と違った物を使ってみたい人やミリタリーグッズに興味がある人には向いている製品かも知れません。


マツダ

株主です。

IMG_1773
「第154回 定時株主総会」の招集通知が届きました。
株主総会のレポートは当ブログの人気コンテンツなので(笑)、出来れば出席したかったのですが、今年は状況を鑑みて出席を取りやめることにしました。

新型コロナウイルス拡大防止の観点から長らく移動自粛などの要請がおこなわれていました。
要請は6月19日に全面解除となりましたが、当株主総会においては極力、当日の来場を控えるように通知が出ています。

IMG_1774
招集通知なのに来場するなと言う、何とも矛盾した表現ですが、この様な状況下でのギリギリの選択だったのでしょう。

新型コロナウイルスによる移動制限が世界中でおこなわれる中で、海外の企業では株主総会をオンラインで開催するところも多く見られました。

日本では会社法の定めにより、日時及び場所を「定めなければならない」(第298条)となっており、オンラインのみでの株主総会は認められていません。
ただし、経済産業省によると、

株主総会を開催するリアルの「場所」を設けつつ、オンライン等での参加/出席を認める株主総会を実施することは、現行法上可能です。

としており、併用することは可能です。
この様な状況ですから、会社側も「来るな」と言うばかりではなく、オンライン参加を可能にし、株主に広く開かれた総会にして欲しかったと思います。



今年は創立100年の節目であると共に、9年ぶりの最終赤字との事で訊きたいことが色々あったのですが、大人しく報告を待ちたいと思います。

今年は株主総会後のマツダミュージアム見学も中止になるそうで、来場自粛と相まって静かな総会になりそうな気がします。

【ここから、6月25日追記】
24日付、中国新聞デジタルによりますと、
 総会は新型コロナ対策で大幅に縮小した。午前10時に始め、株主80人が出席し27分で終わった。昨年は387人の出席で1時間53分だった。
とのことです。

また、広島ホームテレビによりますと、

総会では減収減益となった通期決算などが報告されましたが株主からの質問はわずか3人と少なく、約30分という異例の早さで終わりました。

とのことで、予想通り静かな総会だったようです。
【ここまで、6月25日追記】

↑このページのトップヘ